dotPeek 2020.1ヘルプ

ベースシンボルへ移動

ナビゲート | ベース・シンボル
Ctrl+U

This command allows you to navigate up the inheritance hierarchy to a base type or method of the current symbol. You can invoke this command from the Assembly Explorer, from the ファイル構造ウィンドウ and other tool windows.
Navigation in the opposite direction is available with the 派生シンボルに移動 and 実装に移動 commands.

ベースシンボルに移動する

  1. コードビューアーのシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Ctrl+U を押すか、メインメニューからナビゲート | ベース・シンボル %menuPath%を選択します。あるいは、Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップでコマンド名を入力して、そこで選択することもできます。

  3. 選択したシンボルに1つのベースシンボルがある場合、dotPeekはそれを直接ナビゲートします。

  4. シンボルに複数のベースシンボルがある場合、それらはドロップダウンにリストされます。リストには、太字と通常の両方のフォントで項目を含めることができます。太字は、アイテムに直接継承があることを示し、通常のフォントは間接継承に使用されます。

    次のいずれかを実行できます。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここでキャメルハンプを使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を1回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

    • タイプ依存性ダイアグラムで一致した項目を表示するには、Alt+Num+ を押すか、ダイアグラムに表示する ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray をクリックします。

メソッドが別のメソッドをオーバーライド、実装、または非表示にすると、メソッド宣言の左側に表示される特別なアイコン(たとえば、ThemedIcon Overrides Screen Gray )が表示されます。このアイコンの上にマウスを置くと、このメソッドの基本タイプが表示されます。アイコンをクリックしてメソッドの階層を上に移動します。

dotPeek: Navigate to base symbols from code viewer gutter

この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を取り入れたものです。、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです。

最終更新日: 2020年5月27日

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されま...

実装に移動

このコマンドを使用すると、基本タイプまたはメンバーから継承チェーンの中間ステップをバイパスして、その終了実装のいずれかにジャンプすることができます。つまり、派生シンボルに移動と同様に動作しますが、抽象クラスやインターフェースは表示されません。ナビゲーションの代わりに、シンボルの完全な継承階層を視覚的...

型階層を調べる

dotPeekを使用すると、型の継承階層を調べることができます。選択した型の基本型と継承元の両方を表示し、マウスクリックでそれらのいずれかに移動できます。階層内の任意のノードでは、プレビューウィンドウ内の多型メンバーのすべてまたは唯一のメンバーを表示できます。階層を調査するコードビューアーで目的のタ...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、dotPeekは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常にすべ...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

検索結果を分析する

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。他のアクシ...