dotPeek 2019.3ヘルプ

検索結果を分析する

Windows | 検索結果
Ctrl+Alt+U

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。

使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。他のアクションについては、検索結果のポップアップが表示されたときに手動で行うことができます。検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、数字キーパッドで Shift+Enter または + を押します。

新しいナビゲーションまたは検索アクションの結果は、検索結果ウィンドウの新しいタブに表示されるため、以前の検索に簡単に戻ることができます。
検索結果ウィンドウを閉じると、メインメニューのWindows | 検索結果を選択するか、Ctrl+Alt+Uを押していつでも再び開くことができます。検索結果を含むタブは、ソリューションを閉じるまで保持されます。

コードビューアーで特定の結果を開くには、それをダブルクリックするか、Enterを押します。

選択した項目のソースコードをウィンドウ内で調べるには、ツールバーのプレビューの表示 ThemedIcon PreviewToggle Screen Gray をクリックします。必要に応じて、右下にプレビューペインを配置することができます。

検索結果のフィルタリング

検索結果を名前でフィルタリングするには、ウィンドウの名前の一部の入力を開始するだけです。

ほとんどのナビゲーションおよび検索コマンドの検索結果は、発生の種類によってさらにフィルタリングできます。

  • 読み取りまたは書き込みの用途のみを表示するには、ツールバーの ThemedIcon UsageRead Screen Gray または ThemedIcon UsageWrite Screen Gray をクリックします。

  • フィルタの使用 ThemedIcon Filter Screen Gray をクリックして、表示する出現箇所の種類を選択します。

  • フィルタリングをクリアするには、フィルタの使用 ThemedIcon Filter Screen Gray をクリックし、すべての使用箇所を表示を選択します。

  • 一部の出現箇所を非表示にするには、1つ以上のアイテムまたはグループ化ノードを選択し、Delete を押すか、右クリックして無視を選択します。選択した出現箇所は、現在の結果ビューから非表示になります。ツールバーの無視された使用箇所を表示する ThemedIcon IgnoreErrors Screen Gray ボタンを使用して、灰色で表示される無視されたアイテムを表示または非表示にすることができます。無視された項目が表示されたら、右クリックして無視して元に戻すを選択し、無視を停止できます。

検索結果のグループ化

デフォルトでは、すべての結果が別々の項目として表示されます。単一の項目と同じ行にあるすべての結果を表示すると便利な場合があります。これを行うには、ツールバーの同じ行に出現箇所をマージする ThemedIcon Merge Screen Gray をクリックします。

検索結果はさまざまな階層的な順序で表示できます。デフォルトの順序は最初の検索によって異なりますが、ツールバーのグループ化セレクタでいつでも変更できます。

また、検索結果を使用箇所の種類(つまり、宣言、呼び出し、パラメーター、メソッドの戻りなど、さまざまな場所でターゲットアイテムがどの程度正確に使用されているか)ごとにグループ化することもできます。これを行うには、ツールバーのグループ分けを種類別に切り替える ThemedIcon Kind Screen Gray をクリックします。

結果をプレーン・リストとして表示する場合は、グループ化セレクタでなしを選択します。

検索結果によるその他の操作

検索結果が互いに関連している場合(つまり、特定のシンボルの使用、特定のシンボルから派生したシンボルなど)、ツールバーの図に表示する ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray をクリックして、タイプ依存関係図に表示できます。

シンボルまたはグループ化ノードが現在のタブの使用箇所検索のターゲットでない場合、検索結果ウィンドウからこのシンボル使用箇所を見つけるか、関連するシンボルの使用箇所を見つけることができます。これを行うには、このアイテムを右クリックして、コンテキストメニューで対応するアクションを選択するか、Alt+F7 または Shift+Alt+F7を押します。

この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を取り入れたものです。、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです。

最終更新日: 2020年3月3日

関連ページ:

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

使用箇所の検索のシンボル

This command allows finding all usages of one or more symbols in the currently loaded assemblies. You can start the search from the declaration of the...

型依存関係図の探索

dotPeekを使用すると、タイプがソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化できます。初期図の作成:新しい型依存関係図を作成するには...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定のスコープ内で選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ(テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。用途の高度な検索を実...

スタックトレースから例外に移動する

外部スタックトレース(バグレポートなど)を受け取ったら、スタックトレースエクスプローラーウィンドウでそのスタックトレースを開き、対応する例外が発生したコードに移動できます。スタックトレースでは、ファイル、タイプ、およびメソッドがハイパーリンクとして表示されます。これらをクリックすると、対応する項目が...

ブックマーク

後でコード内のある場所に戻りたい場合は、ソリューション内またはライブラリコード内の任意のコード行をブックマークでマークできます。使用できるブックマークには次の2種類があります。ニーモニックのブックマーク—現在のソリューションの上位10位のように、頻繁に参照するコード行をマークするのに最も役立ちます。...