dotPeek 2019.3ヘルプ

使用箇所の検索

dotPeekには、現在ロードされているアセンブリでシンボルを使用する方法を学習するのに役立つ一連の機能が用意されています。このセクションでは、以下の方法について学習します。

複数の使用箇所が見つかった場合は、検索結果ウィンドウで調べることができます。検索結果ウィンドウは、用途を分析するためのさまざまな方法を提供します。

この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を取り入れたものです。、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです。

最終更新日: 2020年2月18日

関連ページ:

使用箇所の検索のシンボル

This command allows finding all usages of one or more symbols in the currently loaded assemblies. You can start the search from the declaration of the...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定のスコープ内で選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ(テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。用途の高度な検索を実...

ファイルでの強調表示

現在のドキュメントでシンボルの使用箇所を探している場合は、検索結果ウィンドウの用途を分析するのではなく、すべての使用箇所を強調表示してその間をジャンプする方が便利です。読取りおよび書込みアクセスの使用方法は、さまざまな色で強調表示されています。このコマンドを異なるシンボルで呼び出すと、複数の異なるシ...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

検索結果を分析する

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。他のアクシ...

宣言に移動

このコマンドを使用して、任意のシンボル使用からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、アセンブリー・エクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマン...