dotPeek 2020.1ヘルプ

メタデータトークンに移動

ナビゲート | メタデータトークンに移動する

対応するアセンブリがロードされている場合、このコマンドはメタデータトークンによって逆コンパイルされたシンボルを見つけて表示します。

特定のシンボルのトークンを知っている場合(たとえば、他の逆コンパイラーから)、このシンボルはdotPeekで素早く見つけることができます。

どこでも検索を使用してトークンで検索したり、アセンブリエクスプローラーウィンドウ内のエントリをフィルタリングするためにトークンを使用したりすることもできます。

Navigate to a metadata token

  1. メインメニューでナビゲート | メタデータトークンに移動するを選択します。

  2. 表示されるメタデータトークンを入力してくださいポップアップで、0x プレフィックス付きまたはプレフィックスなしの16進トークンを入力します。ロードされたすべてのアセンブリから一致するトークンを持つシンボルがリストに表示されます。

  3. 検索結果を絞り込むには、空白の後にモジュールの名前を入力します。

  4. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

最終更新日: 2020年5月27日

関連ページ:

アセンブリの開閉

Ctrl+OdotPeekを使用すると、任意の.NETアセンブリを開いたり、逆コンパイルしたり、内容を調べたりすることができます。C#コード、ILコード、または元のソースコードをPDBファイルとシンボルサーバーを使用してローカルまたはリモートの場所からフェッチすることができるため、アセンブリをデコン...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブ...

メタデータトークンを表示

.NETアセンブリは、シンボル参照をメタデータトークンとして格納します。必要に応じて、dotPeekは各逆コンパイルされたシンボルのトークンを表示できます。トークン値を表示するオプションは、コードビューアー内のすべてのオープンデコンパイル済みドキュメント、アセンブリエクスプローラーウィンドウ内の型お...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

アクションとオプションを見つける

dotPeekを使用すると、メニューをたどることなく、そのアクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置に使用できる実行可能コマンド、またはグローバルコマンド(ツールウィンドウを開くコマンドなど)のことです。また、オプションページを見つけて移動することもできます。アク...