dotPeek 2020.2 ヘルプ

文字列に移動する

ナビゲート | 文字列に移動する
Ctrl+Alt+T

dotPeek では、メソッド、属性、定数文字列フィールド、およびアセンブリエクスプローラーウィンドウに現在ロードされているすべてのアセンブリとそれらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリ内の文字列パラメーターのデフォルト値で文字列リテラルを検索できます。

文字列リテラルに移動する

  1. Ctrl+Alt+T を押すか、メインメニューでナビゲート | 文字列に移動するを選択する

  2. 表示される文字列の入力ポップアップで、テキストフィールドに文字を入力し始めます。入力すると、検索リストが絞り込まれ、入力された部分文字列に一致する文字列宣言が提案されます。

  3. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここでキャメルハンプを使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を 1 回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示して分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray png をクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

    • タイプ依存関係図に一致する項目を表示するには、Alt+Num+ を押すか、ダイアグラムに表示する ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray png をクリックします。

最終更新日 :

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Windows | アセンブリエクスプローラーCtrl+Alt+Lアセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、dotPeek は自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ :キャメルハンプは常に...

検索結果ウィンドウ

Windows | 検索結果このウィンドウは、さまざまな検索結果(シンボルの使用箇所、シンボルのAPI の公開など)を表示するために使用されます。このウィンドウには、最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブで表示されます。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそ...

タイプ依存関係図を見る

インスペクション | タイプの依存関係図の表示dotPeek を使用すると、タイプがソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化でき...