dotPeek 2018.3ヘルプ

アセンブリリストの管理

ファイル | アセンブリリストを保存する
ファイル | アセンブリリストを開く

複数のアセンブリを操作する方法に順序を適用したり、アセンブリの異なるセットを切り替えることをサポートするために、dotPeekはアセンブリとフォルダーをアセンブリリストに整理します。コンテキストに応じて異なるアセンブリリストを使用して作業できます。アセンブリリストを保存して再オープンしたり、不要になった場合は現在のリストをクリアすることができます。

現在のアセンブリリストを保存するには

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • メインメニューでファイル | アセンブリリストを保存するを選択します。

    • ツールバーのアセンブリリストを保存する ThemedIcon WorkspaceSave Screen Gray をクリックします。

  2. アセンブリリストファイルの名前と場所を指定します。

保存されたアセンブリリストを読み込むには

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • メインメニューでファイル | アセンブリリストを開くを選択します。

    • ツールバーのアセンブリリストを開く ThemedIcon WorkspaceLoad Screen Gray をクリックします。

  2. アセンブリリストファイル(*.dpl)を選択します。

アセンブリエクスプローラーウィンドウでアセンブリを展開すると、参照ノードにある参照アセンブリのリストが表示されます。参照されるアセンブリはそれ以上展開されません。ただし、アセンブリエクスプローラーのルートレベルに追加することでそれらを探索できます。

参照アセンブリを探索する

  1. アセンブリの参照ノードを展開し、さらに探索したいアセンブリへの参照を選択します。

  2. 参照をダブルクリックするか、参照を右クリックしてルートレベルで表示を選択します。

  3. アセンブリがアセンブリリストに追加され、その内容を調べることができます。

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項