dotPeek 2018.3ヘルプ

PDBファイルの生成

デバッガ以外の場所にシンボルファイルが必要な場合、dotPeekは、.NETアセンブリのPDBファイル(ソースファイルとともに)を生成するコマンドを提供します。

シンボルファイルを生成するとき、dotPeekはVisual Studioのシンボルキャッシュと同じディレクトリー構造を作成します。したがって、Visual Studioのシンボルキャッシュディレクトリーを出力フォルダーとして設定すると、生成されたすべてのシンボルが自動的にVisual Studioデバッガで使用できるようになります。Visual Studioのオプション:デバッグ | シンボル | このディレクトリーにシンボルをキャッシュするでキャッシュディレクトリーを取得または設定できます。

アセンブリのPDBファイルを生成するには

  1. アセンブリエクスプローラーウィンドウで希望するアセンブリを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • アセンブリエクスプローラーのツールバーでPDBを生成する ThemedIcon SourcesFromSymbolFiles Screen Gray をクリックします。

    • 選択範囲を右クリックし、コンテキストメニューでPDBを生成するを選択します。

  3. 開いたPDB生成ダイアログで、保存先フォルダーを指定します。オプションで、参照階層でさらにいくつかのアセンブリを選択できます。

    PDB Generation dialog

  4. Click 生成 . PDB and source files for the selected assemblies are created in the specified destination folder.
    You can watch the progress of generating PDB in the Project/PDB Generation Status window .

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項