dotPeek 2019.1ヘルプ

PDBファイルの生成

デバッガ以外の場所にシンボルファイルが必要な場合、dotPeekは、.NETアセンブリのPDBファイル(ソースファイルとともに)を生成するコマンドを提供します。

シンボルファイルを生成するとき、dotPeekはVisual Studioのシンボルキャッシュと同じディレクトリー構造を作成します。Visual Studioのシンボルキャッシュディレクトリーを出力フォルダーとして設定すると、生成されたすべてのシンボルが自動的にVisual Studioデバッガで使用できるようになります。Visual Studioのオプション:デバッグ | シンボル | このディレクトリーにシンボルをキャッシュするでキャッシュディレクトリーを取得または設定できます。

アセンブリのPDBファイルを生成するには

  1. アセンブリエクスプローラーウィンドウで希望するアセンブリを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • アセンブリエクスプローラーのツールバーでPDBを生成する ThemedIcon SourcesFromSymbolFiles Screen Gray をクリックします。

    • 選択範囲を右クリックし、コンテキストメニューでPDBを生成するを選択します。

  3. 開いたPDB生成ダイアログで、保存先フォルダーを指定します。オプションで、参照階層でさらにいくつかのアセンブリを選択できます。

    PDB Generation dialog

  4. 生成をクリックします。選択したアセンブリのPDBとソースファイルが、指定された保存先フォルダーに作成されます。
    プロジェクト/ PDB生成ステータスウィンドウでPDBの生成の進捗状況を見ることができます。

最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Windows | アセンブリー・エクスプローラーCtrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名...

プロジェクト/ PDB生成ステータスウィンドウ

Windows | Pdbの生成ステータスこのツールウィンドウは、シンボルファイルおよびプロジェクトの生成に関連するすべてのイベントを記録および表示します。このウィンドウの新規エントリは、次の場合に表示されます。dotPeek はシンボルサーバーとして機能します。この場合、シンボルファイルを生成する...

アセンブリをプロジェクトにエクスポートする

アセンブリを探索する究極のステップは、アセンブリをVisual Studioプロジェクトにエクスポートして、ソースコードを参照してビルドおよびデバッグできるようにすることです。アセンブリで使用された元のプログラミング言語とは無関係に、エクスポートされたプロジェクトはC#を使用して作成されます。アセン...

コードの操作

C#コード、ILコード、または元のソースコードをPDBファイルとシンボルサーバーを使用してローカルまたはリモートの場所からフェッチすることができるため、アセンブリをデコンパイルして表示できます。詳細は、コード表示オプションを参照してください。dotPeekはコードをC# 4.0に逆コンパイルします。...

シンボルサーバーとしてのdotPeekの使用

dotPeekはシンボルサーバーとして機能することができます。つまり、コンパイルされたアセンブリをデバッグするために必要な情報をデバッガに提供できます。従来のシンボルサーバーとは対照的に、たとえば、Microsoft Symbol Server、dotPeekはシンボルファイルを格納せず、要求された...