dotPeek 2018.3ヘルプ

選択の拡張/縮小

表示 | 選択の拡張/縮小
Ctrl+W / Ctrl+Shift+W

選択範囲の拡張コマンドを使用すると、拡張論理ブロックのコードを連続して選択できるので、コード内の任意の式を簡単に選択できるようになります。その場合、その中にキャレットを置き、Ctrl+W を数回押します。このコマンドはメインメニューの表示 | 選択範囲の拡張でも利用できます。

Coding Assistance Extend Selection 01
Coding Assistance Extend Selection 02
Coding Assistance Extend Selection 03
Coding Assistance Extend Selection 04

キャレット位置の文字選択を解除は正反対です。このコマンドを適用するには、Ctrl+Shift+W を押すか、メインメニューの表示 | キャレット位置の文字選択を解除を選択します。

キャメルハンプ(dotPeekオプションの環境 | 一般ページのナビゲーションにキャメルハンプを使用するチェックボックス)を使用すると、Extend / Shrink選択コマンドは少し違った方法で動作します。

キャメルハンプを有効にすると、選択範囲の拡張/縮小コマンドは複合名の一部を考慮に入れます。複合名の途中に大文字で始まる複数の部分があるキャレットを配置したとします。

ExtendSelection CamelHumps 1
キャメルハンプでは、Ctrl+W を初めて押すと、単語の現在の部分が選択されます。
ExtendSelection CamelHumps 2
このキーストロークを2回目に押した後でのみ、dotPeekは単語全体を選択します。
ExtendSelection CamelHumps 3
その後のプレスはすべて通常通り処理されます。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項