dotPeek 2019.3ヘルプ

コードビューアー

コードビューアーはdotPeekの主要なUIコンポーネントです。それはさまざまなプレゼンテーションでアセンブリコードを閲覧することを可能にし、Visual Studioのエディタータブのルックアンドフィールを持ちます。

ビューアーには、行番号、単語の折り返し、空白のマークなどの一般的なエディター機能とアウトラインがすべて用意されています。

ほとんどのReSharperのような機能は、コードビューアーで利用できます。たとえば、ナビゲートして検索フィーチャー、構文強調表示クイック・ドキュメントなど。

最終更新日: 2020年3月3日

関連ページ:

コンパイル済みコードの表示オプション

設定、PDB情報の利用可能性、および適用されるナビゲーションコマンドに応じて、dotPeekはさまざまな方法でコンパイル済みコードを表示できます。メタデータビュー—このビューには、タイプの署名とそのすべてのメンバーの署名のみが表示されます。コードビューアーまたはアセンブリエクスプローラーウィンドウか...

ナビゲートして検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...

構文強調表示

デフォルトでは、コードビューアーは、コード構文ReSharperスタイルを強調表示し、プロパティ、タイプ、アクセサー、およびメソッドに特色を与えます。デフォルトの色でC#のdotPeek構文の強調表示は次のようになります。dotPeek構文の強調表示の切り替えメインメニューでを選択し、左側のを選択し...

クイック・ドキュメント

dotPeekを使用すると、コードビューアー内のシンボルのドキュメントをすばやく確認できます。エディターでシンボルの使用箇所の上にマウスを移動すると、簡単な説明を含むポップアップが表示されます。ライブラリシンボルの場合、ポップアップでAlt+クリック(Linuxの場合はCtrl+Alt+クリック)し...

スタックトレースエクスプローラーウィンドウ

スタックトレースエクスプローラーは、クリップボードからのスタックトレースを表示し、その中の線をクリック可能なリンクに変換し、関連するコードに直接ナビゲートできます。詳細はスタックトレースから例外に移動するを参照してください。ツールバー・コントロール:前へ/次へShift+F8/F8前/次の項目に移動...