dotPeek 2019.1ヘルプ

コード表示オプション

設定、PDB情報の利用可能性、および適用されるナビゲーションコマンドに応じて、dotPeekはさまざまな方法でコンパイル済みコードを表示できます。

  • 逆コンパイルされたコード - このビューには、開いたり移動したりしたタイプに対応する逆コンパイルされたC#コードが表示されます。このビューは、そのタイプに関するデバッグ情報がない場合、またはデコンパイルされたソースに移動するコマンドを使用して意図的にこのビューに移動した場合に、デフォルトで使用されます。このビューに対してコンパイラ生成コードを表示または非表示にすることができます。

  • シンボルファイルからのコード - このビューはC#またはVB.NETのシンボルファイルからのオリジナルのソースコードを表示します。dotPeekは、デバッグ情報を使用してローカルソースまたはシンボルサーバーからシンボルファイルを取得します。

逆コンパイルされたコードの表示方法を設定するには、dotPeekオプションの逆コンパイラーページで次のチェックボックスを使用します。

  • 使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用するデバッグ情報(PDBファイル)を使用して適切なソースファイルを検索し、使用してコードを表示およびナビゲートするには、このチェックボックスを選択します。
    このチェックボックスをオンにして、ソースファイルがデバッグ情報を介して利用可能な場合、dotPeekは元のソースコードを表示してナビゲートします(ポータブルPDBの場合、埋め込みソースを使用できます)。
    このチェックボックスがオフになっている場合、またはソースファイルが使用できない場合、dotPeekはコードを逆コンパイルします。

  • リモートのロケーションからのダウンロードを許可する Symbol Serverまたは他のリモートの場所からソースをダウンロードできるようにするには、このチェックボックスをオンにします。シンボルファイルがローカルとリモートの両方で利用可能な場合、dotPeekはローカルのシンボルファイルを表示します。

開いているドキュメントの要約とプレゼンテーションモードを表示するには、そのタブヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューで外部ソース情報を選択します。表示されるダイアログでは、ドキュメントが所属するアセンブリの名前と場所、外部ソースプロバイダ(メタデータビューアー、逆コンパイラまたはシンボルサーバー)を知ることができます。

最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

逆コンパイラー

ツール | オプション | 逆コンパイラーこのページのdotPeekオプションでは、検索されたアセンブリからコードを表示およびナビゲートする方法を定義できます。詳細は、コンパイル済みコードのナビゲートを参照してください。使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用するデバッグ情報(PDBファイ...

ナビゲーションと検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...

構文強調表示

デフォルトでは、コードビューアーは、コード構文ReSharperスタイルを強調表示し、プロパティー、タイプ、アクセサー、およびメソッドに特色を与えます。デフォルトの色でC#のdotPeek構文の強調表示は次のようになります。dotPeek構文の強調表示を切り替えるにはdotPeekオプションの環境

現在の行を強調表示する

キャレットが現在存在する行を強調表示することを選択できます。デフォルトでは、現在の行の強調表示は無効になっています。これを有効にするには、環境 | エディター | エディターの外観環境 | ビューアーページのdotPeekオプションの現在行の強調表示チェックボックスをオンにして、再起動します。この機...

パラメータ情報

表示 | パラメータ情報関数呼び出しを研究しているときはいつでも、dotPeekは関数のすべてのオーバーロードのために許された引数に関する詳細を見るのに役立ちます。ツールチップでは、パラメータを持つすべてのパブリックシグニチャと、存在する場合は関数のドキュメントから取得した簡単な説明が表示されます。...