dotPeek 2018.3ヘルプ

コード表示オプション

設定、PDB情報の利用可能性、および適用されるナビゲーションコマンドに応じて、dotPeekはさまざまな方法でコンパイル済みコードを表示できます。

  • 逆コンパイルされたコード — このビューには、開いたり移動したりしたタイプに対応する逆コンパイルされたC#コードが表示されます。このビューには、そのタイプに関するデバッグ情報がない場合、またはデコンパイルされたソースに移動するコマンドを使用して故意にこのビューに移動した場合に、デフォルトで使用されます。このビューに対してコンパイラ生成コードを表示または非表示にすることができます。

  • シンボルファイルからのコード — このビューはC#またはVB.NETのシンボルファイルからのオリジナルのソースコードを表示します。dotPeekは、デバッグ情報を使用してローカルソースまたはシンボルサーバーからシンボルファイルを取得します。

逆コンパイルされたコードの表示方法を設定するには、dotPeekオプションの逆コンパイラーページで次のチェックボックスを使用します。

  • 使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用するデバッグ情報(PDBファイル)を使用して適切なソースファイルを検索し、それらを使用してコードを表示およびナビゲートするには、このチェックボックスを選択します。
    このチェックボックスをオンにして、ソースファイルがデバッグ情報を介して利用可能な場合、dotPeekは元のソースコードを表示してナビゲートします(ポータブルPDBの場合、埋め込みソースを使用できます)。
    このチェックボックスがオフになっている場合、またはソースファイルが使用できない場合、dotPeekはコードを逆コンパイルします。

  • リモートのロケーションからのダウンロードを許可するこのチェックボックスを選択すると、Symbol Serverまたは他のリモートの場所からソースをダウンロードできます。シンボルファイルがローカルとリモートの両方で使用可能な場合、dotPeekはローカルシンボルファイルを表示します。

開いているドキュメントの要約とプレゼンテーションモードを表示するには、そのタブヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューで外部ソース情報を選択します。表示されるダイアログでは、ドキュメントが所属するアセンブリの名前と場所、外部ソースプロバイダ(メタデータビューアー、逆コンパイラまたはシンボルサーバー)を知ることができます。

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項