dotPeek 2018.3ヘルプ

コードの概要

表示 | アウトライン

デフォルトでは、コードビューアではコードアウトラインが有効になっており、各タブのアウトライン設定を個別に調整できます。

新しい文書を開くと、コードビューア内のすべてのコードが表示されます。必要に応じて、コードの領域を折り畳んで表示から隠すことができます。コードビューアの各タブには、左端に垂直線が表示されます。マイナス記号( - )の付いた四角は、折りたたみ可能なコード領域の開始を示します。マイナス記号をクリックすると、コード領域のテキストが3つのピリオドボックス(...)に置き換えられ、マイナス記号がプラス記号(+)に変わります。プラス記号をクリックすると、折りたたまれたコードが表示され、プラス記号がマイナス記号に変わります。

または、表示 | アウトラインのメインメニューのコマンドを使用して、現在の選択範囲またはドキュメント全体のアウトラインを切り替えることができます。

コメント付きコードを含むドキュメントを分析するために、dotPeekは複数行のコメントブロックの概要を示しているので、必要に応じてこれらを折りたたむことができます。

現在のドキュメントのアウトラインを有効または無効にするには

  • アウトラインを無効にしてすべてのコードを表示するには、メインメニューで表示 | アウトライン | アウトラインを停止または表示 | アウトライン | 現在を隠すことを止めるを選択します。

  • アウトラインを有効にするには、メインメニューの表示 | アウトライン | 自動アウトラインの開始を選択します。

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項