dotPeek 2019.3ヘルプ

これを調べる

このコマンドはdotPeekのコード探索とインスペクション機能への近道です:

このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから起動できます。コンテキストに応じて、このショートカットはそのコンテキストで利用可能なすべてのコード探索機能にアクセスできます。

コンテキストで利用可能なコードの探索機能を表示するには

  1. コードビューアーのシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Ctrl+Shift+Alt+A 押下

  3. これを調べるリストが表示されます。

    Inspect This list

  4. リストから項目を選択してクリックするか、Enterを押します。

最終更新日: 2020年1月3日

関連ページ:

型階層を調べる

dotPeekを使用すると、型の継承階層を調べることができます。選択した型の基本型と継承元の両方を表示し、マウスクリックでそれらのいずれかに移動できます。階層内の任意のノードでは、プレビューウィンドウ内の多型メンバーのすべてまたは唯一のメンバーを表示できます。階層を調査するコードビューアーで目的のタ...

型依存関係図の探索

dotPeekを使用すると、タイプがソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化できます。初期図の作成:新しい型依存関係図を作成するには...

ファイル構造ウィンドウ

dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されま...

現在行の強調表示

キャレットが現在存在する行を強調表示することを選択できます。デフォルトでは、現在の行の強調表示は無効になっています。有効にするには、dotPeekオプションのページで現在行の強調表示チェックボックスをオンにしてから再起動します。この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を...