dotPeek 2018.3ヘルプ

デコンパイルされたファイルへのアクセス

コードビューアーで見ることができるすべての逆コンパイルされたコードは実際に一時ファイルに逆コンパイルされます。必要に応じてこれらのファイルにアクセスできます。

デコンパイルされたファイルにアクセスするには

  • 開いているドキュメントの要約とプレゼンテーションモードを表示するには、そのタブヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューで外部ソース情報を選択します。表示されるダイアログでは、ドキュメントが所属するアセンブリの名前と場所、外部ソースプロバイダ(メタデータビューアー、逆コンパイラまたはシンボルサーバー)を知ることができます。

  • 現在のファイルをそのフォルダー内に表示するには、コードビューアーのタブヘッダーを右クリックし、開いているフォルダーを含むを選択します。

  • 現在のファイルへのパスをコピーするには、コードビューアーのタブヘッダーを右クリックしてフルパスをコピーを選択します。

  • 現在のドキュメントを保存するには、コードビューアーのタブヘッダーを右クリックし、別名保存を選択して、ファイルを保存する場所を指定します。

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項