DataGrip 2019.1ヘルプ

ソースコードを使って作業する

コードを扱うとき、DataGripはあなたの作業がストレスフリーであることを保証します。コードの追加、選択、コピー、移動、編集、折りたたみ、保存に役立つさまざまなショートカットや機能があります。

自動保存動作を設定する

  1. 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、外観および振る舞い | システム設定に移動します。

  2. 同期で、次のオプションを設定します。

    • フレームの切り替え時にファイルを保存する (別のアプリケーションに切り替えると)

    • アプリケーションがN秒間アイドル状態の場合、ファイルを自動的に保存する

未保存の変更があるファイルにマークを付ける

  1. 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、エディター | 一般 | エディター・タブに移動します。

  2. 変更したタブをアスタリスク (*) でマークするチェックボックスを選択します。

変更を元に戻す

最終更新日: 2019年4月3日

関連ページ:

ローカル・ヒストリー

DataGripはローカル・ヒストリーを使用して、プロジェクトに加えられたすべての変更を常に追跡します。特定のコミット間の違いを示すバージョン管理システムとは異なり、ローカル・ヒストリーはすべての意味のあるイベントに対する改訂を自動的に維持します。これにより、プロジェクト構造とソースコードの変更に関...

DataGripによるバージョン管理

DataGripでバージョン管理システムを使用するには、対応するプラグインをインストールします。Gitの統合MercurialインテグレーションPerforceインテグレーションSubversionの統合TFSインテグレーションVCS 操作のポップアップ(Alt+`またはVCS | VCS 操作のポ...

データベースへの変更の送信

変更を手動で送信するデフォルトでは、テーブルの変更は自動的に送信されません。最初に、テーブルのローカルコピーに変更を加えてから、すべての変更をデータベースに送信する必要があります。変更をデータベースに送信するには、サブミットアイコンをクリックするか、Ctrl+Enterを押します。変更を自動的に送信...

ソースコードナビゲーション

さまざまなアクションやポップアップを使用して、エディター内のコードを素早くナビゲートすることができます。ファイルパスを探すエディターでCtrl+Alt+F12を押すか、コンテキストメニューでFinder で表示を選択します。Finder で表示ポップアップで、パスファインダーで開くファイルまたはディ...