DataGrip 2020.2ヘルプ

一般

設定/環境設定ダイアログの一般ページを使用して、エディターの動作を構成し、そのビューをカスタマイズします。

項目説明
マウス制御
Ctrl / Command +マウスホイールでフォントサイズを変更する

このチェックボックスが選択されている場合は、Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回すことで特定のエディターフォントサイズを変更できます。

このチェックボックスはクイックドキュメントルックアップのフォントサイズにも影響します。

チェックボックスがオフの場合は、Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回すとエディターがスクロールします。

ドラッグ・アンド・ドロップでコード・フラグメントを移動するこのチェックボックスを選択すると、エディターでdrag-and-dropコードフラグメントを作成できます。
ソフトラップ
エディターでソフトラップを使用する

このチェックボックスが選択されていると、ソフトラップ (またはワードラップ)がエディターで使用されます。

このオプションが有効な場合、水平スクロールバーは通常表示されません。

ただし、場合によっては、行を「ソフトラップ」できない場合でも、水平スクロールバーが表示されます。(たとえば、行が可視領域よりも広い単一の文字列で構成されている場合などです。)

折り返したフラグメントに元の行のインデントを使用するエディターまたはコンソールのサイズ変更時にソフトラップにカスタムインデントを使用するには、このチェックボックスを選択します。追加インデントフィールドを使用して、インデント番号を指定します。
現在の行のソフト・ラップ・インジケーターのみを表示する

このチェックボックスが選択されていると、ソフトラップ文字Wrap Wrap はアクティブな論理行にのみ表示されます。

それ以外の場合、ソフトラップ文字は各行の最後と次の各行の先頭に表示されます。

仮想スペース
キャレットの配置の許可
  • 行末の後 : このチェックボックスが選択されている場合は、任意の行の最後の文字の後の任意の場所にキャレットを設定できます。行の終わりを超えた位置で入力を開始するとすぐに、行の終わりと入力の始まりの間に必要な数のスペースが追加されます。

  • タブの内側 : このチェックボックスを選択すると、キャレットをタブ文字内に配置できます。その理由は、各タブ文字が「仮想」スペース文字のセットとしてエディターに表示されるためです。

ファイルの下部に仮想スペースを表示するこのチェックボックスを選択すると、現在編集されている行(最終行であっても)を画面の上部にスクロールできます。DataGripは必要な量の仮想線を追加します。
キャレットの移動
単語で移動時

このリストを使用して、単語で移動したときにキャレットを停止する場所を構成します。次のオプションから選択できます。

  • 現在の単語の境界にジャンプする : これがデフォルトのオプションです。キャレットを前方に移動すると(Ctrl+Right)、DataGripはキャレットを現在の単語の末尾に配置します。

    キャレットを前の単語(Ctrl+Left)に移動すると、DataGripは現在の単語の先頭にキャレットを置きます。

  • 常に単語の先頭にジャンプ : このオプションを選択すると、キャレットは常に単語の先頭に移動します。

  • 常に単語の最後にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは常に単語の末尾に移動します。

  • 次/前の単語境界にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは次の単語の先頭に移動し、後方に移動すると、キャレットは前の単語の末尾にジャンプします。

  • 両方の単語境界で停止する : このオプションを選択すると、キャレットは各単語の先頭と末尾の両方で停止します。

改行時

このリストを使用して、キャレットが改行で停止する場所を構成します。次のオプションから選択できます。

  • 次/前の行の境界にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは次の行の先頭に移動し、後方に移動すると、キャレットは前の行の末尾にジャンプします。

  • 改行を無視 : このオプションを選択すると、DataGripは改行を無視し、言葉で動くリストで指定された構成に従ってキャレットが移動します。

  • 両方のライン境界で停止 : このオプションを選択すると、キャレットは各行の開始と終了の両方で停止します。

  • 現在の行の境界にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは常に現在の行の末尾(前方に移動した場合)または現在の行の先頭(後方に移動した場合)にジャンプします。

    言葉で動くリストに常に単語の先頭にジャンプが指定され、改行時リストに現在の行の境界にジャンプするが指定されている場合は、次の例を確認してください。

  • 常に行頭にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは常に行の先頭に移動します。

  • 常に行末にジャンプする : このオプションを選択すると、キャレットは常に行末に移動します。

ファイルの保存
保存時に末尾のスペースを削除する

DataGripがファイル保存時に行末に末尾のスペースを処理するモードを選択します。

  • 変更行のみ : 変更された行の末尾のスペースのみを取り除きます。

  • すべて : すべての行の末尾のスペースを取り除きます。

  • なし : 末尾のスペースは削除されません。

キャレット行の末尾のスペースを削除するこのオプションを選択すると、保存操作でキャレットが置かれる行の末尾のスペースが削除されます。
保存時にファイルの最後に空の行があることを確認するこのチェックボックスを選択すると、保存処理中にDataGripがファイルの最後に空の行を自動的に追加します。
ガター
ガターの変更された行を強調表示する左側のエディターのガターにカラーストライプを追加または変更したい場合は、このチェックボックスを選択します。
Highlight modified lines in error stripe on the scrollbarSelect this option if you want to see markers next to modified lines near the scrollbar on the right.
空白のみを変更した行を別の色で強調表示する

このオプションは、修正された行をガターに強調表示するオプションが有効な場合にのみ使用可能になります。

空白のみが追加/削除された行が、より重要な変更が加えられた行とは異なる色で強調表示されるようにするには、このチェックボックスを選択します。

スクロール
スクロールを滑らかにするこのオプションを有効にすると、ターゲット位置にジャンプするのではなく、要素に移動したときにページをスクロールします。
キャレットの動作
  • キャレットをそのままにして、エディター・キャンバスをスクロールする : このオプションを選択して、スクロールエディターキャンバスを選択し、キャレットを固定します。

  • キャレットを移動し、エディターのスクロールを最小化する : このオプションをクリックして、キャレットの移動を選択します。

制限
最近のファイルの制限このフィールドでは、最近のファイルのリストに含めることができるファイル名の数を指定します。
最近使用したロケーションの制限このフィールドでは、最近表示されたコードスニペットを最近の場所のリストに含めることができる数を指定します。
リッチテキスト・コピー
テキストフラグメントを次のようにコピー(Ctrl+C
  • リッチ・テキスト : このチェックボックスを選択して、リッチテキストをエディターからRTFを認識する他のエディターにコピーします。

  • プレーン・テキスト : エディターから他のエディターにプレーンテキストをコピーするには、このオプションを選択します。

コピーされたフラグメントの色スキーム

このリストを使用して、テキストコピーの配色を選択します。以下のオプションから選択できます。

  • IntelliJライト
  • アクテイブ・スキーム
  • Darcula
  • クラシックライト
  • ハイ・コントラスト
最終更新日: 2020年6月26日