DataGrip 2019.3ヘルプ

クエリを実行する

クエリを実行するには、新しいSQLファイルを作成するか既存のSQLファイルを開き、それをデータソースに接続してコードを実行します。サービスツールウィンドウでは、データソース(1)、接続セッション(2)、およびアタッチファイル(3)を表示できます。小さい緑色のライトは、データソースに接続していることを示します。

The Services tool window

開いているファイルからステートメントを実行する

DataGripでは、SQLファイルを開いて実行することができます。SQLファイルサイズの制限は20 MBです。20 MBを超えるファイルを開くと、ファイルの最初の2.5 MBしか表示されません。

  1. ファイルツールウィンドウ(表示 - ツール・ウィンドウ - ファイル)を開き、SQLファイルをダブルクリックします。DataGripにディレクトリとファイルをアタッチする方法の詳細については、ユーザー・ファイルを参照してください。

  2. 実行したいステートメントをクリックします。複数のステートメントを選択して実行するには、ステートメントを選択(強調表示)します。

  3. コンテキストメニューから Ctrl+Enter を押すか、実行を選択します。

  4. (オプション)SQLファイルがデータソースに接続されていない場合は、セッションウィンドウで接続セッションを選択または作成します。セッションについて詳しくは、接続セッションを管理するを参照してください。

  5. ステートメントウィンドウで、Enter を押して選択したステートメントを実行します。他のエントリを切り替えて別のステートメントセットを実行できます。実行しようとしている文はエディターで強調表示されます。

ハードドライブからSQLファイルを実行する

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)で、データソースを右クリックします。

  2. SQL スクリプトの実行を選択します。

  3. パスの選択ウィンドウで、適用するSQLファイルに移動します。

Run an SQL file

複数のデータソースに対してSQLファイルを実行する

複数のデータソースに対してSQLファイルを実行するには、ファイルツールウィンドウで必要なファイルを含むディレクトリをアタッチします(ユーザー・ファイルを参照)。

  1. ファイルツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | ファイル)で、実行したいSQLファイルを選択します。

  2. SQLファイルを右クリックし、<ファイル名>を実行を選択します(または Ctrl+Shift+F10を押します)。

  3. 実行対象ウィンドウで、必要なデータソースまたはスキームを選択します。

Run an SQL file for several data sources

データベースコンソールでステートメントを実行する

データソースを作成すると、データベースコンソールが自動的に作成されます。データベース・コンソールについて詳しくは、データベース・コンソールを参照してください。

  1. データベースツールウィンドウ(表示| ツール・ウィンドウ | データベース)で、データソースをクリックします。

  2. F4 を開くか、データベースコンソールを作成します(Ctrl+Shift+F10 | 新規コンソール)。コンソールの操作の詳細については、コンソールを操作するを参照してください。

  3. 実行したいステートメントを入力するか貼り付けます。

  4. Ctrl+Enterを押します。または、ツールバーの実行アイコン The Execute icon をクリックします。

    複数のステートメントがある場合は、すべてのステートメントを実行するか、単一のステートメントを実行するかを選択します。候補リストには、常にすべてのステートメントを実行するための項目が含まれています。

接続セッションを管理する

アクション

説明

データソースへの接続セッションを作成する

<セッション>リストをクリックして新規セッションを選択します。

Create a connection session to a data source

既存の接続セッションに接続する

<セッション>リストをクリックして既存のセッションを選択します。

Attach to an existing connection session

接続セッションを切断する

<セッション名>リストをクリックして既存のセッションを選択します。

Detach a connection session

接続セッションの名前を変更する

サービスツールウィンドウで、セッションを右クリックしてセッションの名前変更を選択します。

Rename a connection session

セッションまたはデータソースを別のタブに移動する

サービスツールウィンドウで、セッションまたはデータソースを右クリックして新しいタブで表示を選択します。この操作を元に戻すには、区切られたタブを閉じます。

Move a session or a data source to a separate tab

すべての接続セッションを閉じる

サービスツールウィンドウで、データソースを右クリックしてすべてのセッションを閉じるを選択します。

Close all connection sessions

生産性のヒント

検索ダイアログからファイルを実行する

  1. Shift を2回押します。

  2. どこでも検索ダイアログで、ファイル名を入力してください。

  3. 上矢印と下矢印を使用してファイルを選択します。

  4. Ctrl+Shift+F10を押します。

  5. ファイルを実行するデータソースを選択して、OKをクリックします。

最終更新日: 2020年3月23日

関連ページ:

ユーザー・ファイル

マシンまたはアクセス可能な他の場所からファイルを操作するには、ファイルツールウィンドウに必要なディレクトリをアタッチします。ディレクトリを管理する:SQLファイルを含むディレクトリを添付するをクリックします。ファイルツールウィンドウで、任意の領域を右クリックし、添付ディレクトリを選択します。添付する...

データベース・コンソール

データベースまたはクエリコンソールは、SQLステートメントを作成および実行できるSQLファイルです。スクラッチファイルとは異なり、コンソールはデータソースに接続されます。データソースを作成すると、クエリコンソールが自動的に作成されます。必要に応じて、追加のコンソールを作成できます。各コンソールは新し...

データベース接続の構成

パスワードを記憶するパスワードを保存するために次のオプションを選択できます。なし : データベースとの接続を確立するたびにパスワードが求められます。再起動するまで : パスワードは現在のDataGrip実行に対してのみ保存されます。DataGripを終了して再度開く場合は、パスワードをもう一度入力す...

DataGrip の使い方

DataGripは開発者のためのデータベース管理環境です。データベースのクエリ、作成、および管理を目的として設計されています。データベースは、ローカル、サーバー上、またはクラウド内で機能します。MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server、Oracleなどをサポートしま...

照会結果

通常、クエリを実行すると、テーブル形式で結果が表示されます。各ステートメントは、サービスツールウィンドウの個別のタブに表示されます。例:クエリに2つのSELECTステートメントがある場合、ツールウィンドウに2つのタブが表示されます。サービスツールウィンドウには、データソースへの接続セッションに従って...