DataGrip 2020.3 ヘルプ

SSL で Cassandra に接続する

ステップ 1. Apache Cassandra 接続を作成する

  1. データソースのプロパティを開きます。次のいずれかのオプションを使用して、データソースのプロパティを開くことができます。

    • ファイル | データソースにナビゲートします。

    • Ctrl+Alt+Shift+S を押します。

    • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データソースのプロパティアイコン The Data Source Properties icon をクリックします。

  2. データソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン( The Add icon )をクリックし、Apache Cassandra を選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバーファイルをダウンロードするリンクをクリックします。このリンクをクリックすると、DataGrip はデータベースとの対話に必要なドライバーをダウンロードします。インストールパッケージのサイズを小さくし、ドライバーのバージョンを最新の状態に保つために、ドライバーは IDE にバンドルされていません。

    提供されているドライバーをダウンロードしたくない場合は、データソースに独自のドライバーを指定できます。ドライバとのデータベース接続の作成の詳細については、既存の接続にユーザードライバーを追加するを参照してください。

  4. ホストキースペースユーザーパスワードポートフィールドには、接続の詳細を指定します。

ステップ 2. JDBC ドライバーのバージョンを確認してください

バージョン 1.3 以降の JDBC ドライバーを使用していることを確認してください。

  1. データソースのプロパティを開きます。次のいずれかのオプションを使用して、データソースのプロパティを開くことができます。

    • ファイル | データソースにナビゲートします。

    • Ctrl+Alt+Shift+S を押します。

    • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データソースのプロパティアイコン The Data Source Properties icon をクリックします。

  2. ドライバーリストで、Apache Cassandra を選択します。

  3. ドライバーファイルペインで ver。<version_number> をクリックし、Latest または 1.3 を選択します。

Verify the version of the JDBC driver

ステップ 3. VM オプションを設定する

  1. データソースのプロパティを開きます。次のいずれかのオプションを使用して、データソースのプロパティを開くことができます。

    • ファイル | データソースにナビゲートします。

    • Ctrl+Alt+Shift+S を押します。

    • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データソースのプロパティアイコン The Data Source Properties icon をクリックします。

  2. ドライバーリストで、Apache Cassandra を選択します。

  3. ドライバ設定で、詳細設定タブをクリックします。

  4. VM オプションフィールドで、認証のためのオプションを指定します。

    • サーバー認証 : クライアントはサーバーが正しく信頼されていることを確認します。トラストストアには、サーバーの公開鍵、またはサーバー鍵の署名に使用された CA 証明書が含まれていなければなりません。

      -Djavax.net.ssl.trustStore=<path_to_client_truststore> -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=<truststore_password>
    • クライアント認証 : サーバーは、サーバーに接続しようとしているクライアントを検証します。

      -Djavax.net.ssl.keyStore=<path_to_client_keystore> -Djavax.net.ssl.keyStorePassword=<keystore_password>
Set VM options

ステップ 4. sslenabled オプションを JDBC URL に追加する

  1. JDBC URL に sslenabled=true オプションを追加してください。例: jdbc:cassandra://localhost:9042/?sslenabled=true

  2. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Add the sslenabled option to the JDBC URL

関連ページ:

データベースの接続の構成

データベース接続を作成すると、DataGrip は自動的にデータベースに接続してデータベースオブジェクトを受信します。その後、接続が閉じます。データベースと相互作用するデータソースの名前は、データベースツールウィンドウに小さな緑色の円で表示されます。データベース接続を閉じる場合は、データソースを選択し、ツールバーの切断するボタンをクリックします。または、データソースを選択してを押します。パスワード保存のオプション:パスワードを保存するために次のオプションを選択できます。しない: データベース...

データベース CLI ツールの使用

ほとんどすべてのデータベースベンダーには、独自のコマンドラインインターフェース(CLI)ツールがあります。次のリストは、いくつかの例を示しています。PostgreSQL:、Oracle:(SQL * Plus の SQL コマンドライン)、MySQL:、Microsoft SQL Server:、SQLite:、ほとんどの場合、これらのツールは、標準とメタの 2 種類のコマンドをサポートしています。標準コマンドは、SELECT、CREATE、UPDATE、その他の通常の SQL コマンドです。メ...

DataGrip で GitHub プロジェクトを開始する

このチュートリアルでは、2 つの一般的な使用例について説明します。既存の GitHub リポジトリを複製する、GitHub でディレクトリを共有する、既存の GitHub リポジトリを複製する:ステップ 1. Git 統合と GitHub プラグインをインストールするを開きます。マーケットプレースをクリックします。マーケットプレースでプラグインを検索するフィールドにと入力してを押します。Git 統合の場合はインストールをクリックします。GitHub の場合はインストールをクリックします。Dat...