DataGrip 2021.1 ヘルプ

データのエクスポートとインポート

データをインポートおよびエクスポートできることは、異なる目的で使用されていますが、一部のデータを共有する必要があるデータベース間でデータを移動する場合に役立ちます。例: 開発データベースと本番データベースの間。

DataGrip には、さまざまな形式でデータをエクスポートおよびインポートするエンジンがあります。定義済みのフォーマットを選択するか、独自のフォーマットを作成できます。

エクスポートおよびインポート操作の詳細については、以下のトピックを参照してください。

  • エクスポート : オブジェクトの DDL を生成し、さまざまな形式でデータをエクスポートする方法を参照してください。

  • インポート : CSV、TSV、または区切り文字で区切られた値を含むその他のテキストファイルをインポートします。また、mysql、pg_restore、または psql を使用してダンプファイルを復元する方法についても学びます。

  • マイグレーションの実行 : DataGrip で移行ツールを使用する方法を学びます。

  • データ抽出 : デフォルトのエクストラクターとカスタムエクストラクターの作成について学習します。

関連ページ:

エクスポート | DataGrip

さまざまな方法を使用して、データベースからデータとオブジェクト構造をエクスポートできます。これらの方法には、さまざまなジェネレーター、データエクストラクター、およびショートカットが使用されます。また、TXT、CSV、JSON、XML、Markdown、Excel、その他の形式でデータをエクスポートできます。事前定義されたエクストラクターを選択するか、独自のエクストラクターを作成できます。DataGrip では、オブジェクト構造とデータを別々にエクスポートします。これは、テーブルの構造をエクスポー...

インポート | DataGrip

スクリプトファイルからデータをインポートするには、データベースコードを実行するに従ってファイルを実行します。スクリプトファイルに加えて、CSV、TSV、または区切り文字で区切られた値を含むその他のテキストファイルをインポートできます。データベースにデータをインポートするデータベースツールウィンドウで、データソースを右クリックします。SQL スクリプトの実行を選択します。パスの選択ウィンドウで、適用する SQL ファイルに移動します。区切り文字で区切られた値をデータベースにインポートするデータベー...

マイグレーションの実行 | DataGrip

オブジェクトのソースコードの変更を確認したら、これらの変更をデータベースに送信できます。データベース変更ツールウィンドウでサブミットボタンを押すと、オブジェクトの移行ダイアログが表示されます。オブジェクトの移行ダイアログには、オブジェクトの移行スクリプトが表示されます。移行スクリプトは、すべてのデータベースまたはその一部を変更するコードです。移行スクリプトを使用して、列を追加または削除したり、データベースのバージョンをアップグレードしたり、列のプロパティを変更したりできます。DataGrip は...

データ抽出 | DataGrip

データエクストラクターは、エディターで(テキストビューモードで)データをコピーまたは表示する方法のルールを設定します。データのエクスポートアイコンの近くのリストからデフォルトの抽出プログラムを選択するか、既存の抽出プログラムを構成するか、Groovy または JavaScript を使用してカスタム抽出プログラムを作成できます。いくつかの組み込みフォーマットがあります。データを INSERT または UPDATE ステートメントのセットとしてエクスポートできます。また、CSV、JSON、HTML...

照会結果 | DataGrip

通常、クエリを実行すると、テーブル形式で結果が表示されます。各ステートメントは、サービスツールウィンドウの個別のタブに表示されます。例: クエリに 2 つの SELECT ステートメントがある場合、ツールウィンドウに 2 つのタブが表示されます。サービスツールウィンドウには、データソースへの接続セッションに従ってグループ化されたコンソールのリストが含まれています。クエリごとに新しいタブを開く既定では、DataGrip はクエリを実行するたびに同じタブを結果で更新します。この動作を変更して、クエリ...