DataGrip 2020.3 ヘルプ

エクスポート

さまざまな方法を使用して、データベースからデータとオブジェクト構造をエクスポートできます。これらの方法には、さまざまなジェネレーター、データエクストラクター、およびショートカットの使用が含まれます。また、TXT、CSV、JSON、XML、Markdown、Excel、その他の形式でデータをエクスポートできます。事前定義されたエクストラクターを選択するか、独自のエクストラクターを作成できます。

DataGrip では、オブジェクト構造とデータを別々にエクスポートします。これは、テーブルの構造をエクスポートしてから、テーブルからデータをエクスポートできることを意味します。完全なデータダンプは、mysqldump(英語)pg_dump(英語) の助けを借りて PostgreSQL と MySQL で利用できます。完全なデータダンプには、すべてのデータベースオブジェクトの構造とこれらのオブジェクトのデータが 1 つのファイルに含まれています。詳細については、MySQL と PostgreSQL の完全なデータダンプを作成するを参照してください。

オブジェクト構造のエクスポート

データ定義言語(DDL)は、行、列、テーブル、インデックス、その他の要素を含むデータベースの構造を定義します。DataGrip では、事前定義された設定のショートカットを使用するか、SQL ジェネレーターを使用してデータ定義構造を生成し、エクスポート設定をカスタマイズできます。

データベースオブジェクトの DDL 定義を生成する

  • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクトを右クリックし、SQL スクリプト | SQL ジェネレーター Ctrl+Alt+G を選択します。

    右側のツールバーには、次のコントロールがあります。

    • The copy icon : 出力をクリップボードにコピーします。

    • The Save to File icon : 出力をファイルに保存します。

    • Run in a console : クエリコンソールで出力を開きます。

    Generate DDL definitions for database objects

SQL ジェネレーターの出力設定を変更する

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクト(たとえば、テーブル)を右クリックし、SQL スクリプト | SQL ジェネレーター Ctrl+Alt+G を選択します。

  2. SQL ジェネレーターツールウィンドウで、ファイル出力オプションアイコン( The File Output Options icon )をクリックします。

  3. レイアウトリストから、使用したい方法を選択します。

    • オブジェクトごとのファイル : 一連の SQL ファイルを生成します。

    • オーダーのあるオブジェクトごとのファイル : SQL ファイルの番号付きセットを生成します。

    Change output settings of the SQL Generator

クエリコンソールに DDL 定義を生成する

  • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクトを右クリックして SQL スクリプト | クエリコンソールに DDL を生成するを選択します。

    Generate a DDL definition to the query console

クリップボードに DDL 定義を生成する

  • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクトを右クリックして SQL スクリプト | クリップボードに DDL を生成を選択します。

    データベースにオブジェクトの DDL が格納されている場合は、元 DDL の要求とコピーを選択してデータベースから DDL を取得できます。

    Generate a DDL definition to the clipboard

データのエクスポート

データベースデータを SQL INSERT および UPDATE ステートメント、TSV と CSV(英語)エクセル(英語)Markdown(英語)、HTML テーブル、JSON(英語) 形式としてエクスポートできます。ファイルにエクスポートすると、個別のテーブルまたはビューごとに個別のファイルが作成されます。

CSV エクストラクターを構成するには、区切り文字で区切られた値のエクストラクターを構成するを参照してください。CSV 設定では、行とヘッダーのセパレーターの設定、NULL 値のテキストの定義、引用符の指定、区切り文字で区切られた値を持つフォーマットの新しいエクストラクターの作成ができます。

バイナリ形式(XLSX など)でデータをエクスポートするには、データのエクスポートダイアログを使用します。

DataGrip 2020.1 以前は、リストからデフォルトの抽出プログラムを選択した場合、この抽出プログラムを IDE 全体のデフォルトとして設定しました。DataGrip 2020.1 から、単一のテーブルにエクストラクターを設定します。別のテーブルを開くと、抽出機能はデフォルトで CSV になります。

データベースツールウィンドウからデータをエクスポートする

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクトを右クリックしてデータをファイルにエクスポートに移動します。

  2. データのエクスポートダイアログで、次の設定をカスタマイズします。

    • エクストラクター : エクスポート形式(たとえば、エクセル (xlsx))を選択します。

    • 転置 : 転置ビューでデータをエクスポートする場合に選択します。このビューでは、行と列が交換されています。

    • テーブル定義の追加 (DDL) : テーブル生成コード(CREATE TABLE または ALTER TABLE )を追加します。

    • 計算済み: テーブルに物理的に格納されていない仮想列(IDENTITY 列など)を含めます。

    • 生成: INSERT および UPDATE ステートメントの自動インクリメントフィールドを含めます。

    • ファイル名 : ファイル名を入力します。このオプションは、1 つのテーブルをエクスポートする場合にのみ使用できます。

    • 出力ディレクトリ : ストレージパスを選択します。

  3. 生成されたスクリプトをクリップボードにコピーするには、クリップボードへコピーをクリックします。スクリプトをファイルに保存するには、データをファイルにエクスポートをクリックします。

    Export data into a file

エディターからデータをエクスポートする

  • データをファイルにエクスポートするには、テーブルまたは結果セットを開き、データのエクスポートアイコン( the Export Data icon )をクリックします。エクスポート設定を構成し、ファイルへエクスポートをクリックします。

    Export data from the editor
  • 結果全体またはテーブル全体をクリップボードにエクスポートするには、テーブルまたは結果セットを開き、結果またはテーブルを右クリックしてクリップボードへエクスポートを選択します。

    クリップボードへエクスポートアクションとは対照的に、コピーアクション Ctrl+C は、現在のページの選択範囲またはすべての行のみをコピーします。現在のページの行をコピーするには、テーブルをダブルクリックして Ctrl+C を押します。または、セルをクリックして Ctrl+A を押してから Ctrl+C を押します。ページの行数を構成するには、結果セットに行数を設定するを参照してください。

    the Export to the clipboard action is in the context menu

MongoDB コレクションからデータをエクスポートする

  1. エクスポートするコレクションを右クリックして、データをファイルにエクスポートを選択します。

  2. データのエクスポートダイアログで、抽出ドロップダウンリストをクリックして、JSON を選択します。

    この操作の出力は MongoDB 拡張 JSON です。docs.mongodb.com の MongoDB 拡張 JSON(v2)(英語)の MongoDB 拡張 JSON について参照してください。

    MongoDB Extended JSON

MySQL と PostgreSQL の完全なデータダンプを作成する

MySQL の場合は mysqldump を、PostgreSQL の場合は pg_dump を実行することにより、データベースオブジェクト(スキーマ、テーブル、ビューなど)のバックアップを作成できます。mysqldump と pg_dump は、ネイティブの MySQL および PostgreSQL ツールです。それらは DataGrip に統合されていません。dev.mysql.com(英語)postgresql.org(英語) でそれらについて読むことができます。

mysqldump または pg_dump を使用してデータをエクスポートする

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データベースオブジェクトを右クリックして次の場所に移動します。

    • &mysql; mysqldump" でエクスポート : MySQL データソース用。

    • " pg_dump" でエクスポート : PostgreSQL データソース用。

  2. <dump_tool> でエクスポートダイアログで、<dump_tool> へのパスフィールドに実行可能なダンプツールへのパスを指定します。

    (オプション)ダイアログ下部のコマンドラインオプションを編集します。

  3. 実行をクリックします。

    Create a full data dump with pg_dump

生産性のヒント

テーブルを別のスキーマにコピーする

  1. テーブルを右クリックしてテーブルにコピーを選択します。あるいは、F5 を押します。

  2. スキーマ名を入力して OK をクリックします。

  3. (オプション)インポートダイアログで、テーブル設定を変更します。

    Copy a table to another scheme

関連ページ:

データ抽出

データエクストラクターは、エディターで(テキストビューモードで)データをコピーまたは表示する方法のルールを設定します。データのエクスポートアイコンの近くのリストからデフォルトの抽出プログラムを選択するか、既存の抽出プログラムを構成するか、Groovy または JavaScript を使用してカスタム抽出プログラムを作成できます。いくつかの組み込みフォーマットがあります。データを INSERT または UPDATE ステートメントのセットとしてエクスポートできます。また、CSV、JSON、HTML...

データエディターで行を追加、編集、または削除できます。行の操作:行を追加するツールバーの新規行を追加アイコンをクリックします。または、テーブルを右クリックしてコンテキストメニューから新規行を追加を選択します。を押します。コンテキストメニュー行のクローンコマンドを代わりに使用できることに注意してください。行を削除する 1 つまたは複数の行を選択します。複数の行を選択するには、ガターの数字をクリックします。また、を押して、必要な行をクリックすることもできます。ツールバーの行の削除アイコンをクリッ

データのエクスポートとインポート

データをインポートおよびエクスポートできることは、異なる目的で使用されているが、一部のデータを共有する必要があるデータベース間でデータを移動する場合に役立ちます。例: 開発データベースと本番データベースの間。DataGrip には、さまざまな形式でデータをエクスポートおよびインポートするエンジンがあります。定義済みのフォーマットを選択するか、独自のフォーマットを作成できます。エクスポートおよびインポート操作の詳細については、以下のトピックを参照してください。エクスポート: オブジェクトの DDL...

インポート

スクリプトファイルからデータをインポートするには、データベースコードを実行するに従ってファイルを実行します。スクリプトファイルに加えて、CSV、TSV、または区切り文字で区切られた値を含むその他のテキストファイルをインポートできます。データベースにデータをインポートするデータベースツールウィンドウで、データソースを右クリックします。SQL スクリプトの実行を選択します。パスの選択ウィンドウで、適用する SQL ファイルに移動します。データベースに対して SQL ファイルを実行する方法の他のオプシ...