DataGrip 2020.2ヘルプ

DataGripにデータをエクスポートする

DataGripには、さまざまな形式でデータをエクスポートおよびインポートするエンジンがあります。定義済みのフォーマットを選択するか、独自のフォーマットを作成できます。

エクスポートおよびインポート操作の詳細については、対応するセクションを参照してください。

エクスポート先

結果セット、テーブル、またはビューをエクスポートまたはクリップボードにコピーできます。

ファイルにエクスポートする

  1. データをファイルにエクスポートするには、次のいずれかの操作を実行します。

    • 結果セット、テーブル、またはビューを右クリックして、データのエクスポートを選択します。

    • クエリを右クリックして、データをファイルにエクスポートを選択します。

    • ツールバーのデータのエクスポートアイコン(The Export Data icon)をクリックし、ファイルへエクスポートを選択します。

  2. データのエクスポートダイアログで、ファイルへエクスポートをクリックします。

    Export a view to a file

クリップボードにエクスポート

  • 結果セットまたはエディターでデータを選択し、Ctrl+Cを押します。

  • ツールバーのデータのエクスポートアイコン(The Export Data icon)をクリックし、クリップボードにコピーを選択します。

    Export a view to the clipboard

組み込みエクストラクター

データのエクスポートアイコン(The Export Data icon)の近くのリストから、組み込みのエクスポート形式を選択できます。いくつかの組み込みフォーマットがあります。データをINSERTまたはUPDATEステートメントのセットとしてエクスポートできます。また、CSV、JSON、HTML、Markdown、およびその他の形式などのテキスト形式を選択できます(エクスポートオプションの詳細については、インポート/エクスポートオプションを参照してください。

DataGrip 2020.1以前は、リストからデフォルトの抽出プログラムを選択した場合、この抽出プログラムをIDE全体のデフォルトとして設定しました。DataGrip 2020.1から、単一のテーブルにエクストラクターを設定します。別のテーブルを開くと、抽出機能はデフォルトでCSVになります。

Select the extractor

区切り文字で区切られた値のエクストラクターを構成する

デフォルトの機能を拡張して、CSVまたはDSV形式に基づく独自の形式を作成できます。

  1. データのエクスポートリスト(The Export Data icon)からCSV フォーマットの構成を選択します。

  2. CSV フォーマットダイアログで、フォーマットを追加アイコン The Add Format iconをクリックします。

  3. 新しい形式の名前を指定してください(たとえば、Confluence Wikiのマークアップ)。

  4. フォーマットの設定を定義して、OKをクリックします。

    フォーマットが作成されたら、データのエクスポートアイコン(The Export Data icon)の近くのドロップダウンリストでそれを選択できます。

    Configuring extractors

スクリプトを使用してテキスト抽出機能を作成する

より複雑な場合は、スクリプト抽出エクストラクタを使用してください。DataGripにはすでにそれらのいくつかがあります(たとえば、CSV-Groovy.csv.groovyHTML-Groove.html、およびその他の抽出プログラム)。これらのスクリプトはGroovyで書かれていますが、JavaScriptでも書くことができます。Groovyを使った例を考えてみましょう。

ファイル名CSV-Groovy.csv.groovyをよく見ると:

  • CSV-Groovyはスクリプトの名前です。

  • csvは結果ファイルの拡張子です。

  • groovyはスクリプトの拡張です。

スクリプトは通常Scratches and Consoles/Extensions/Database Tools and SQL/data/extractorsにあります。あるいは、抽出メニューでスクリプト・ディレクトリに移動を選択してそこに移動することもできます。

Go to scripts directory

既存の抽出プログラムを編集するか、このフォルダーに独自の抽出プログラムを追加してください。

Let’s create an extractor that dumps your data to the CSV format, but only to one row. It can be useful if you are going to paste these values into an 入力 operator in a WHERE clause.

次の2つのスクリプトの差分を参照してください。既存のCSV-Groovy.csv.groovyCSV-ToOneRow-Groovy.csv.groovy(英語)

Viewing diff for two scripts

利用可能なコンテキストバインディングを検討してください。

COLUMNS <DataColumn> //selected columns ALL_COLUMNS List<DataColumn> //all columns

ページ全体をファイルにダンプすると、これらのオブジェクトは同じになります。

ROWS Iterable<DataRow> //selected rows

ここ

DataRow { rowNumber(); first(); last(); data(): List<Object>; value(column): Object } DataColumn { columnNumber(); name() }
OUT {append()} //object to output data FORMATTER {format(row, col); formatValue(Object, col)} //converts data to String TRANSPOSED Boolean //checks if data editor is transposed (Gear Icon → Transpose) TABLE DasTable //object that represents the actual table you’re extracting data from

DasTable には2つの重要な方法があります。

v2017.3の前に

DasObject getDbParent() JBIterable<DasObject> getDbChildren(Class, ObjectKind)

v2017.3以来

DasObject getDasParent() JBIterable<DasObject> getDasChildren(ObjectKind)

APIに関する追加情報はこちらにあります。

IntelliJ IDEAでGroovyスクリプトを作成または編集し、Groovyをインストールすると、コーディング支援が利用可能になります。

Coding assistance for Groovy scripts

CSV-ToOneRow-Groovy.csv.groovyがフォルダーに入ったら、エクストラクタを使用できます。

Use the extractor

これらの値をコピーしてクエリに貼り付けます。

Copy values and paste them into the query

Here’s another example that is based on SQL-Insert-Statements.sql.groovy . MySQL and PostgreSQL allow using multi-row syntax. To use this type of extractor, create a new SQL挿入-MultirowSynthax.sql.groovy(英語) file in the scripting folder.

Create a new SQL-Inserts-MultirowSynthax.sql.groovy file

再度、メニューでそれを選択します。

Select the script in the menu

DataGripの結果を参照してください。

The result of the script

GitHubで他の生成されたエクストラクタを自由に使用してください。

最終更新日: 2020年7月15日