DataGrip 2021.1 ヘルプ

SQL Server Express LocalDB に接続する

ステップ 1. LocalDB インスタンスを確認して作成する

  1. DataGrip を使用して LocalDB インスタンスに接続するには、LocalDB インスタンスが接続の準備ができているかどうかを確認してください。これを行うには、SqllocalDB.exe を見つけて、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    サーバーで使用可能な LocalDB インスタンスのリストが表示されます。

    SqllocalDB.exe i
  2. 次に、LocalDB インスタンスを作成します。インスタンスを作成するには、次のコマンドを実行します。

    SqlLocalDB create "DEVELOPMENT" 15.0 -s

    このコマンドは、SQL Server 2017 バイナリを使用して DEVELOPMENT という名前の LocalDB のインスタンスを作成し、インスタンスを起動します。 15.0 を省略すると、バージョン番号はデフォルトで SqlLocalDB ユーティリティのバージョンになります。

  3. インスタンスの状態を確認するには、このコマンドを実行します。

    SqllocalDB.exe i MSSQLLocalDB
  4. 現在、インスタンスは実行中です( State フィールドを参照)。 Stopped 状態の場合は、ターミナルで次のコマンドを実行してインスタンスを起動します。

    SqllocalDB.exe s MSSQLLocalDB
    Check and create a LocalDB instance

ステップ 2. LocalDB 接続を作成する

  1. データソースのプロパティを開きます。次のいずれかのオプションを使用して、データソースのプロパティを開くことができます。

    • ファイル | データソースにナビゲートします。

    • Ctrl+Alt+Shift+S を押します。

    • データベースツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | データベース)で、データソースのプロパティアイコン The Data Source Properties icon をクリックします。

  2. ドライバーリストから、Microsoft SQL Server (jTds) を選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバーファイルをダウンロードするリンクをクリックします。このリンクをクリックすると、DataGrip はデータベースとの対話に必要なドライバーをダウンロードします。インストールパッケージのサイズを小さくし、ドライバーのバージョンを最新の状態に保つために、ドライバーは IDE にバンドルされていません。

    提供されているドライバーをダウンロードしたくない場合は、データソースに独自のドライバーを指定できます。ドライバとのデータベース接続の作成の詳細については、既存の接続にユーザードライバーを追加するを参照してください。

  4. 接続タイプリストから、LocalDB を選択します。

  5. インスタンスリストから、接続するインスタンスを選択します(例: DEVELOPMENT )。

  6. 認証リストから、認証タイプを選択します。

    • ユーザーパスワードには、ユーザー名とパスワードが必要です。

    • Windows 資格情報では、Microsoft SQL Server データベースと同じドメインの Windows で DataGrip を実行する必要があります。シングルサインオン(SSO)として機能します。

    • ドメイン資格情報には、ドメイン、ユーザー名、パスワードが必要です。

  7. データソースへの接続が成功することを確認するには、接続のテストリンクをクリックします。

Create the LocalDB connection

関連ページ:

データベースの接続の構成 | DataGrip

データベース接続を作成すると、DataGrip は自動的にデータベースに接続してデータベースオブジェクトを受信します。その後、接続が閉じます。データベースと相互作用するデータソースの名前は、データベースツールウィンドウに小さな緑色の円で表示されます。データベース接続を閉じる場合は、データソースを選択し、ツールバーの切断ボタンをクリックします。または、データソースを選択してを押します。パスワード保存のオプション:パスワードを保存するために次のオプションを選択できます。なし: データベースとの接...

MS SQL サーバーに接続する | DataGrip

前提条件:Microsoft SQL Server 2019(Express Edition)– Microsoft サイトからのダウンロードリンク、Microsoft SQL Server Management Studio 18.8-Microsoft サイトからのダウンロードリンク、DataGrip 2019.1 以降– JetBrains サイトからのダウンロードリンク、ステップ 1. SQL Server 構成マネージャーを構成する:SQL Server 構成マネージャーを開くには、...

MongoDB | DataGrip

MongoDB では、認証のために、ユーザー名、パスワード、このユーザー名に関連付けられている認証データベースを提供する必要があります。認証データベースが接続先のデータベースと異なる場合は、URL のパラメーターで認証データベースを指定します。認証データベースが指定されていない場合、MongoDB はデフォルトでデータベースを使用します。例: データベースに接続したいが、認証データベースはです。この場合、接続 URL はのようになります。データソースのプロパティを開きます。次のいずれかのオプション...