DataGrip 2019.3ヘルプ

データベースへの接続

データベースにクエリを発行するには、データソース接続を作成する必要があります。データソースはデータの場所であり、サーバー、CSV、またはDDLファイルにすることができます。データソースには、データソースの種類に依存する名前と接続設定が含まれます。DataGripでは、これらの接続をデータ・ソースおよびドライバーダイアログ(ファイル | データ・ソース)で管理できます。

Amazon Redshift

  1. Redshiftダッシュボードで、Redshiftクラスタを作成します。

    Amazon Redshiftクラスタの詳細については、Amazon Redshift入門(英語)を参照してください。

  2. Redshiftクラスタの設定で、JDBC URLをコピーします。

  3. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  4. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Amazon Redshiftを選択します。

  5. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  6. Redshiftクラスタ設定からJDBC URLをDataGripのURL フィールドに貼り付けます。

  7. ユーザーおよびパスワードフィールドに、Redshift認証情報を指定します。

  8. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Amazon Redshift

Apache Cassandra

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Apache Cassandraを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Apache Cassandra

Apache Derby

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Apache Derbyを選択します。

  3. ドライバーリストから、使用したいJDBCドライバーのタイプを選択します。リモート接続の場合は、Apache Derby (リモート)を選択してください。組み込みデータベースの場合は、Apache Derby (埋め込み)を選択します。

  4. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  5. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  6. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Apache Derby

Apache Hive

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Apache Hiveを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Apache Hive

Azure SQL Database

Microsoft AzureはPostgreSQL、MySQL、MariaDB、およびその他のデータベース管理システム(DBMS)をサポートしています。これらのデータソースに接続する場合は、これらのDMBSに対応するデータソース接続を作成してください。DataGripでは、これらの接続にはすでに必要なJDBCドライバが含まれています。そのため、PostgreSQLのAzureデータベースに接続したい場合は、PostgreSQL接続を作成してください。

  1. Microsoft Azureアカウントで、SQLデータソースを作成します。Azure SQL Databaseの詳細については、Azure SQLデータベースのドキュメント(英語)を参照してください。

  2. DataGripで、ファイル | データ・ソース Ctrl+Shift+Alt+Sにナビゲートします。

  3. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Azure SQL Databaseを選択します。

  4. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。

  5. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

    Azure Active Directory認証(英語)を使用するには、Windows ドメイン認証を使用するを選択します。SQL認証を使用するには、チェックボックスをオフにして、ユーザーおよびパスワードフィールドにMicrosoft Azure資格情報を指定します。

    Windows ドメイン認証を使用するチェックボックスは、Windowsでのみ使用可能です。

  6. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Azure SQL Database

ClickHouse

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、ClickHouseを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with ClickHouse

Exasol

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Exasolを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Exasol

Greenplum

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Greenplumを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Greenplum

H2

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、H2を選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with H2

HSQLDB

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、HSQLDBを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with HSQLDB

IBM Db2

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、IBM Db2を選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with IBM Db2

MariaDB

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、MariaDBを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with MariaDB

Microsoft SQL Server

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Microsoft SQL Serverを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

    インスタンスフィールドはオプションです。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Microsoft SQL Server

MongoDB

MongoDBでは、認証のために、ユーザー名、パスワード、およびこのユーザー名に関連付けられている認証データベースを提供する必要があります。認証データベースが接続先のデータベースと異なる場合は、URLの authSource パラメーターで認証データベースを指定します。認証データベースが指定されていない場合、MongoDBはデフォルトで admin データベースを使用します。

例: local データベースに接続したいが、認証データベースは adminです。この場合、接続URLは mongodb://localhost:27017/local?authSource=adminのようになります。

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、MongoDBを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細(ログイン、パスワード、および接続するデータベース)を指定します。空のパスワードを設定するには、パスワード・フィールドを右クリックして空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with MongoDB

MySQL

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、MySQLを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with MySQL

Oracle

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Oracleを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。

  4. 接続タイプリストから、接続タイプを選択します。

    • SID : Oracleインスタンス(ワークステーション上で実行されるプロセス)の固有の名前を使用します。

    • サービス名 : Oracleインスタンス(または多数のインスタンス)への別名を使用します。

    • TNS : tnsnames.ora 構成ファイルを使用します。TNSADMINフィールドで、tnsnames.oraを使用してフォルダーへのパスを指定します。TNS名では、複数のサービスがある場合に使用するサービス名を指定します( tnsnames.oranet_service_name の値を参照)。

    • URLのみ : JDBC URLを使用します。

  5. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  6. ドライバーリストから、ドライバの種類を指定します。ドライバの種類の詳細については、Oracle JDBCのFAQ(英語)を参照してください。

  7. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  8. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Oracle

PostgreSQL

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、PostgreSQLを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with PostgreSQL

Snowflake

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Snowflakeを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Snowflake

SQLite

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、SQLiteを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. 既存のSQLiteデータベースに接続するには、ファイルフィールドにデータベースファイルへのファイルパスを指定します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with SQLite

Sybase ASE

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Sybase ASEを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Sybase ASE

Vertica

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、Verticaを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  5. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with Vertica

その他

現在、DataGripは前述のベンダーをサポートしています。サポートには、強化されたコード補完やデータベースオブジェクトのより良い取得(イントロスペクション)などの機能が含まれます。ベンダーがリストにない場合でも、JDBCドライバーを使用してデータベースに接続できます。

JDBCドライバーを使用してデータベースへの接続を作成する

データソースのリストでデータベースベンダーの名前が見つからない場合は、データベース管理システム(DBMS)用のJDBCドライバをダウンロードし、DataGripで接続を作成します。JDBCドライバを使用すると、DBMSに接続して作業を開始できます。

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、ドライバーおよびデータ・ソースを選択します。

  3. ユーザドライバリンクをクリックします。

  4. ドライバー・ファイルペインで、追加アイコンをクリックし、カスタムJARを選択します。

  5. JDBCドライバのJARファイルにナビゲートして選択し、OKをクリックします。

  6. クラスフィールドで、ドライバーに使用したい値を指定します。

  7. 適用をクリックします。

  8. 作成されたデータソース接続に戻ります。

  9. データベース接続の詳細を指定してください。あるいは、URLフィールドにJDBC URLを貼り付けます。

    パスワードを削除するには、パスワードフィールドを右クリックして、空にするを選択します。

  10. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

DDL データ・ソース

データ定義言語ステートメント(DDLステートメント)を含むSQLファイルはデータソースとして使用できます。その結果、このようなファイルで定義されているすべてのテーブル、列、およびその他のオブジェクトをエディターで参照できます。

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、DDL データ・ソースを選択します。

  3. DDLファイルペインで、追加ボタン the Add buttonをクリックします。

  4. ファイルブラウザで、SQLファイルまたはDDLステートメントを含むファイルに移動し、開く をクリックします。

  5. 適用をクリックします。

  6. SQL ダイアレクトダイアログで、追加したSQLファイルに使用するダイアレクトを選択します。

  7. 設定を適用してOKをクリックします。

Create a DDL data source

生産性のヒント

JDBC URLからデータソースを作成する

  1. ファイル | データ・ソース Ctrl+Alt+Sに移動します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、URL からデータ・ソースを選択します。

  3. URLフィールドに、JDBC URLを貼り付けます。

  4. ドライバーリストから、データソースに必要なドライバーを選択します。

  5. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、資格情報を入力します。

  6. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Create a data source from the JDBC URL
最終更新日: 2020年1月23日

関連ページ:

データベース接続の構成

パスワードを記憶するパスワードを保存するために次のオプションを選択できます。なし : データベースとの接続を確立するたびにパスワードが求められます。再起動するまで : パスワードは現在のDataGrip実行に対してのみ保存されます。DataGripを終了して再度開く場合は、パスワードをもう一度入力す...

SSLでCassandraに接続する方法

ステップ 1. Apache Cassandra接続を作成する:に移動します。データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコンをクリックし、Apache Cassandraを選択します。データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードするリンクをクリックします。...

MS SQLサーバーへの接続方法

前提条件:Microsoft SQL Server2017(Express エディション)–Microsoftサイトからダウンロードリンク。Microsoft SQL Server Management Studio 18.2-Microsoftサイトからのダウンロードリンク。DataGrip 20...

SQL Server Express LocalDBに接続する方法

ステップ 1. LocalDBインスタンスを確認する:DataGripを使用して、LocalDBインスタンスに簡単に接続できます。最初のステップとして、LocalDBインスタンスが接続の準備ができているかどうかを確認します。SqllocalDB.exeを見つけて、ターミナルでコマンドを実行します。サ...

DataGripをアンインストールする

DataGripを削除する正しい方法はそれをインストールするために使用した方法によって異なります。このガイドでは、WindowsmacOSLinuxからDataGripをアンインストールする方法について説明します。上部のプラットフォームスイッチャーを使用して別のオペレーティングシステムを選択します。...

クエリを実行する

クエリを実行するには、新しいSQLファイルを作成するか既存のSQLファイルを開き、それをデータソースに接続してコードを実行します。サービスツールウィンドウでは、データソース(1)、接続セッション(2)、およびアタッチファイル(3)を表示できます。小さい緑色のライトは、データソースに接続していることを...