DataGrip 2020.2ヘルプ

コード・インスペクション

DataGripには、コンパイル前にプロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。

インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル内のコード、または特定のスコープ内のみ(たとえば、本番コード内、または変更されたファイル内)のコードをスキャンできます。

すべてのインスペクションには重大度レベル(問題がコードに影響を与える可能性のある程度)があります。重要度はエディターで異なる方法で強調表示されるため、重大な問題とそれほど重要でない問題をすばやく区別できます。DataGripには一連の事前定義された重大度レベルがあり、独自の重大度レベルを作成できます。

インスペクションとその設定は、プロファイルにグループ化されています。各プロファイルには、有効にされたインスペクション、それらが分析するファイルのスコープ、およびそれらの重大度レベルに関する情報が含まれています。

利用可能なすべてのインスペクションとその設定にアクセスする

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | インスペクションに移動します。

    Ctrl+Alt+Shift+H を押して、表示されるポップアップでインスペクションの構成 を選択することもできます。

    The list of inspections and their settings

the Filter icon を使用してインスペクションリストをフィルタリングします。例:重大度または言語によってインスペクションをフィルタリングできます。

コードインスペクションの例

使用可能なインスペクションのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | インスペクションにナビゲートします。

未使用の副問合せ項目

副照会の未使用項目(たとえば、フィールド)を検出します。

Unused subquery item

WHERE文節のないDELETEまたはUPDATEステートメント

DELETE ステートメントと UPDATE ステートメントに WHERE 文節を入れるのを忘れた場合、DataGripはそれを知らせる通知を表示します。意図的にWHERE句を省略した場合は、計画通りに現在の文を実行できます。

Notification when you run DELETE and UPDATE without WHERE
最終更新日: 2020年7月16日

関連ページ:

スコープとファイルの色

Ascopeis a group of files and folders in a project. You can use scopes tovisually distinguishproject items in different IDE views and to limit the ran...

インスペクションの重大度を変更する

インスペクションの重大度は、検出されたコードの問題がプロジェクトにどれほど深刻な影響を及ぼすかを示します。すべての重要度レベルには、独自の強調表示スタイルがあります。DataGripには、事前定義された重大度レベルのセットがあります。エラー、警告、弱い警告、サーバーの問題、タイプミス、

プロファイルのカスタマイズ

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、それらが分析するファイルの範囲、およびそれらの重大度設定に関する情報を保持します。DataGripには、2種類のプロファイルがあります。プロファイルIDE に保管は、DataGrip構成ディレクトリのインスペクションフォルダーに保存され、どのプ...

ナビゲーション

さまざまなアクションやポップアップを使用して、エディター内のコードを素早くナビゲートすることができます。DataGripで利用可能なナビゲーションオプションをチェックするためにビデオチュートリアルを見ることから始めることができます。キャレットでナビゲートする後方に移動するには、を押します。前方に移動...

インスペクションを実行する

DataGripは、エディターで開かれているファイル内のコードを分析し、入力中に異常コードを強調表示します。インスタント分析の結果をすばやく確認するには、エディターの右上隅にあるアイコンを参照してください。エラーが検出された場合は、が表示されます。アイコンは警告を表します。アイコンは、タイプミスが検...