CLion 2019.3ヘルプ

表示モード

ツールウィンドウをさまざまな方法で表示および調整して、エディターまたは他のツールウィンドウで作業するときにすばやくアクセスしてスペースを節約できます。

ツールウィンドウの表示モードを変更する

  • メインメニューからウィンドウ | アクティブ・ツール・ウィンドウ | 表示モードと実際のモードオプションを選択します。

  • ツールウィンドウのタイトルバーで、the Show Options Menu iconをクリックし、オプションのリストから表示モードと実際のモードオプションを選択します。

  • ツールウィンドウまたはタイトルバーを右クリックし、オプションの一覧から表示モードと実際のモードオプションを選択します。

    Tool window: viewing modes

CLion設定 Ctrl+Alt+S外観 & 振る舞い | 外観ページで、ウィンドウ・オプションのツールウィンドウの一般的な表示オプションを設定できます。

ドック・モード

エディターや他のツールウィンドウなど、他の場所にフォーカスがあってもツールウィンドウを開いたままにすることができます。これを実現するには、表示モードを選択するときにドック固定モードを使用してください。

フォーカスを切り替えたときにツールウィンドウを閉じるには、ドック固定解除モードまたはドック解除モードを使用します。

docked and undocked modes

ドッキングモードでは、ツールウィンドウのすべての側面が周囲の要素(エディター、他のツールウィンドウなど)にアタッチされます。このモードでは、ツールウィンドウと隣接する要素はメインウィンドウで使用可能なスペースを共有します。

ドッキング解除すると、ツールウィンドウのすべての側面(ツールウィンドウバーのものを除く)が周囲の要素から切り離されます。ウィンドウは、スペースを共有するために使用した要素をカバーする「上位レイヤー」に移動します。いずれかの方向(ツールウィンドウバーに沿って)では、ウィンドウが伸張し、使用可能なスペースがすべて使用されます。他の方向では、ウィンドウ枠の1つが緩くなり、他にある要素のサイズに影響を与えることなく移動できます。

フロート/ウィンドウモード

フロートまたはウィンドウモードを使用してツールウィンドウを切り離すことができます。

最初は、すべてのツールウィンドウは固定モードです。つまり、ツールウィンドウはメインIDEウィンドウ内にとどまります。

  • フロートモードでは、ツールウィンドウを画面上で移動できますが、メインIDEウィンドウの上部にとどまります。

  • ウィンドウモードでは、ツールウィンドウは個別のアプリケーションウィンドウとして動作します。これは、ツールウィンドウをメインIDEウィンドウとオーバーラップできることを意味します。

常時表示/自動非表示モード

これらの表示モードは、ビルド出力を示すメッセージツールウィンドウで使用できます。

ビルド出力は常に表示する必要があります。警告/エラーが発生しない限り、隠したままにしておくことができます。メッセージツールウィンドウの目的の動作を設定するには、設定アイコン icons general gearPlain をクリックし、次のオプションから選択します。

  • ビルド時に常に表示 (デフォルト)
    このオプションを選択すると、メッセージツールウィンドウはすべてのビルドで表示されたままになります。手動で閉じた場合、ウィンドウは次回のビルドのために再び開きます。

  • 自動非表示と警告/エラー時の表示
    メッセージツールウィンドウは、コンパイル中に警告/エラーが発生した場合にのみ表示され、ビルドが成功しても非表示のままになります。ウィンドウが手動で開かれた場合、CLionは次のビルドのためにそれを隠します。

  • どちらも無効
    この場合、警告/エラーがない限り、CLionはメッセージツールウィンドウを強制的に開きません。それ以外の場合、ウィンドウは以前に強制した状態(開いた状態または閉じた状態)のままになります。

分割モード

このモードは、同じツールウィンドウバーにいくつのウィンドウドック固定を一度に表示できるか(1つまたは2つ)と関係があります。

一般に、ツールウィンドウバーに沿ったスペースは、ドッキングされたツールウィンドウの2つのグループ間で共有されます。

各瞬間に、各グループからの1つのウィンドウのみが可視であってもよい。

ツールウィンドウバーにドッキングされたすべてのツールウィンドウがスプリットモードをオフにすると、一度に1つのツールウィンドウしか表示されないことがあります。この場合、表示されているツールウィンドウは、ツールウィンドウバーに沿って利用可能なすべてのスペースを取ります。特定のウィンドウを表示すると、その前に表示されていたウィンドウは自動的に非表示になります。

同一のツールウィンドウバーにドッキングされたすべてのウィンドウについてスプリットモードがオンの場合、同じ動作が観察されます。

2つのウィンドウを同時に見ることができるようにするには、対応するウィンドウで固定ドッキングを選択する必要があります。

グループタブオプション

ツールウィンドウで複数のビューを使用できる場合、メインメニューのウィンドウ | アクティブウィンドウタブのグループ化オプションが選択されていると、対応するビューが別々のタブに表示されることがあります。

ワイドスクリーンのサポート

CLionを使用すると、ツールウィンドウで画面の幅と高さを最大限に活用できます。設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sでノード外観および振る舞いを展開し、外観ページでチェックボックスワイドスクリーンツールウィンドウのレイアウトおよび左右に並んだレイアウトを使用してツールウィンドウの配置を最適化します。

最終更新日: 2020年2月20日