CLion 2019.3ヘルプ

スマート・キー

このページを使用して、特定のスマートキーを有効または無効にし、自動的に呼び出すアクションを定義します。

項目

説明

ホームはキャレットを最初の非空白文字に移動する

このチェックボックスが選択されている場合、Homeを押すと、キャレットは現在の行の最初の非空白文字に配置されます。 Home を押すと、キャレットがスマートホームポジションから最初の列に移動し、戻ります。

空白行で終了すると、キャレットがインデント位置に移動する

このチェックボックスが選択されているとき、空の行で End を押すと、キャレットはインデントで配置されます。CLionは現在のコードポイントで妥当であると見なします(インデントは現在のコード・スタイル設定に基づきます)。

ペア括弧()、[]、{}、<>を挿入する

このチェックボックスを選択すると、CLionがそれぞれタイプされた左括弧に対してそれぞれ自動的に終了括弧を追加します。

対となる引用符を挿入する

このチェックボックスを選択すると、入力されたそれぞれの開始一重引用符または二重引用符に対して、CLionがそれぞれ終了一重引用符または二重引用符を自動的に追加します。

"}" 入力時にブロックの再フォーマット

このチェックボックスをオンにすると、閉じた波括弧を入力すると、このコードブロックの書式が選択したコードスタイルと一致しない場合、囲まれたコードブロックが自動的に再フォーマットされます。

'キャメルハンプ' 単語を使用する

このチェックボックスを選択すると、CLionはCamelHump名の中の別々の単語を識別します。名前の中の単語は大文字またはアンダースコアで始める必要があります。このオプションはいくつかのエディターの動作に影響します。
  • キャレット移動 Ctrl+Right / Ctrl+Left

  • セレクション付きのキャレット移動 ( Ctrl+Shift+Right / Ctrl+Shift+Left )

  • キャレットの単語を選択 Ctrl+W
  • 単語の開始/終了を削除する ( Ctrl+Backspace および Ctrl+Delete )

  • ダブルクリックダブルクリックで選択した場合の "キャメルハンプ"の単語設定エディター | 一般設定ページで有効になっている場合)。

引用符または括弧入力時に選択範囲を囲む

このチェックボックスを選択すると、引用符、二重引用符、または波括弧を入力する際に選択したテキストがこれらの文字で囲まれます。このチェックボックスを選択しないと、入力した引用符、二重引用符、または波括弧が選択を置き換えます。

矢印キーでダブル Ctrl に複数のキャレットを追加する

このチェックボックスを選択すると、次のようになります。
  • Ctrl上下矢印キーを押すと、複数のキャレットが作成されます。

  • Ctrl左右矢印キーまたはHome / Endを押すと、選択が作成されます。

詳細は、マルチカーソルのセクションを参照してください。

入力時にタブで閉じ括弧/引用符の外側にジャンプする

このチェックボックスをオンにすると、角括弧 /引用符内に入力するときに Tab を押すと、角括弧 /引用符の外にキャレットが移動します。このチェックボックスが選択されていない場合、Tab を押すと Tab 文字が挿入されます。

これは最初の入力でのみ機能することに注意してください。後続の編集中に角括弧 /引用符内の Tab を押すと、Tab 文字が挿入されます。

Enter

この領域を使用して、Enterを押して呼び出すアクションを定義します。
  • スマート・インデント - このチェックボックスを選択すると、CLionは新しい行を追加し、その中にキャレットを配置します。CLionは現在のコードポイントでは妥当であると見なされます(インデントは現在のコード・スタイル設定に基づきます)。

    このチェックボックスがオフの場合、空白行で Enter を押すと、CLionは新しい行を追加し、キャレットを現在のスペース以外の文字列に配置します。

  • 対となる '}' を挿入する - このチェックボックスを選択すると、Enter が空の行で押されたときにCLionが自動的に右中括弧 } を適切な列に配置します。この場合、CLionは最も近い閉じていない開き括弧 { を逆方向に探し、閉じている括弧を対応するインデントレベルに配置します。

  • ドキュメント・コメント・スタブを挿入する - このチェックボックスは、ドキュメントのコメントを開いた後に Enter を押したときの動作を定義します。この機能は、JavaScript、Java、Groovy、Flex、およびSwiftでのみ機能します。
    • このチェックボックスが選択されている場合、CLionはドキュメントコメントスタブを生成します。

      関数コメントの場合、このスタブには必須のタグ(シグネチャーで宣言された各パラメータの@param タグ、および @return)が含まれています。詳細は、JSDocコメントの作成を参照してください。

    • このチェックボックスが選択されていない場合、コメントの最後の部分のみが生成されます。

バックスペースでインデント解除

このドロップダウンリストを使用して、Backspace キーを押して呼び出すアクションを定義します。使用可能なオプションは次のとおりです。
  • Disabled - Backspace を押すと、一度に1ポジションだけキャレットが戻されます。

  • 最も近いインデント位置まで
  • 適切なインデントへ

貼り付け時に再フォーマット

このドロップダウンリストを使用して、貼り付けられたコードブロックの配置方法を指定します。使用可能なオプションは次のとおりです。
  • なし - 貼り付けられたコードは、再フォーマットやインデントを行わずに、キャレットの場所にプレーンテキストとして挿入されます。

  • ブロックをインデント - 貼り付けられたコードブロックは、現在のコード・スタイル設定に従って適切なインデントレベルに配置されますが、その内部構造は変更されません。

  • 各行をインデント - 貼り付けられたコードブロックの各行は、現在のコード・スタイル設定に従って適切なインデントレベルに配置されます。

  • ブロックを再フォーマット - 貼り付けられたコードブロックは、現在のコード・スタイル設定に従って再フォーマットされます。

Kotlin

このエリアを使用して、Kotlinのスマートキーオプションを設定します。
  • 貼り付けられた Java コードを Kotlin に変換する : 貼り付け時にJavaコードをKotlinに変換するには、このオプションを選択します。CLionは、Javaからコードを変換ダイアログを表示します。CLionでダイアログを表示したくない場合は、貼り付け時に Java から Kotlin へ変換するダイアログを表示しないオプションを選択します。

AngularJS

この領域を使用して、AngularJSの動作を定義します。
  • 補間での空白の自動挿入 : このチェックボックスが選択されていると、中括弧の間に空白が自動的に挿入されます。{{ }}
    このチェックボックスが選択されていない場合、空白は挿入されません: {{}}

HTML/CSS

このページを使用して、HTML、XML、およびCSSのエディター動作を構成します。

項目

説明

XML/HTML

この領域では、XMLまたはHTMLコードの編集時に自動的に呼び出されるアクションを定義します。
  • タグ補完時に終了タグを挿入する : 対応する開始タグを入力すると、CLionが自動的に終了XMLまたはHTMLタグを挿入するようにするには、このチェックボックスをオンにします。

  • タグ補完時に必須属性を挿入する : このチェックボックスを選択すると、入力したタグのすべての必須属性を含むテンプレートがCLionに表示されます。

  • タグの補完時に必須サブタグを挿入する : このチェックボックスを選択すると、CLionはすべての必須サブタグを含むテンプレートを表示します。

  • タグ補完時に属性を開始する : このチェックボックスを選択すると、入力したタグの最初の必須属性を持つテンプレートがCLionに表示されます。

  • '=' 入力時に​​属性値の引用符を追加する : このチェックボックスを選択すると、CLionは現在入力している属性の値に自動的に引用符を追加します。

  • '</' 入力時に自動的にタグを閉じる : このチェックボックスをオンにすると、</入力すると自動的に終了タグが追加されます。このチェックボックスをオフにすると、自動補完機能がオフになります。

  • 同時に<tag> </ tag>編集 : このチェックボックスが選択され、開始タグを編集すると、対応する終了タグが自動的にそれに応じて自動的に変更されます。

    このチェックボックスをオフにすると、開始タグの編集は変更されない終了タグに影響しません。その結果、開始タグと終了タグは一致せず、構造全体が間違っているように下線が引かれます。

    同時に<tag> </ tag>編集チェックボックスは、次のコンテキストでCLionの動作を制御します。

    • HTML ファイル

    • JavaScriptコード内のHTMLインジェクション

    • Handlebars/Mustacheテンプレートを使用したHTML

    • 拡張子 .hbsHandlebars/Mustacheテンプレートファイル

    • XML、XHTMLファイル

    • DTD ファイル

    • JSXファイル

CSS

この領域では、CSS識別子/クラスの選択を定義します。
  • ダブルクリックでCSS識別子全体を選択 : このチェックボックスが選択されている場合、CSS識別子またはクラス名をダブルクリックして、プレフィックスまでの名前全体を選択します。
    select css identifier

    このチェックボックスが選択されていない場合、CSS識別子またはクラス名をダブルクリックして、最も近いハイフンまでの名前の一部を選択します。

    select css identifier1

JSON

このページを使用して、JSONのエディター動作を構成します。

項目

説明

JSON

この領域の設定は、JSON構文に準拠したJSONコンテキストでのコンマ、引用符、および空白の自動追加を制御します。

JavaScript

このページを使用して、JavaScriptのエディターの動作を構成します。

項目

説明

'$' 入力でテンプレート文字列補間を開始する

$ 記号の後に通常の文字列を含む式を挿入するには、このチェックボックスを選択します。詳細については、式の補間(英語)を参照してください。

文字列リテラルの貼り付け時にテキストをエスケープする

デフォルトでは、CLionは、テキストをJavaScriptストリングに貼り付けるときに、バックスラッシュエスケープシンボル(\)を自動的に挿入します。自動テキストエスケープを抑制するには、チェックボックスをオフにします。

HTML を JSX ファイルに貼り付けるときに属性を変換する

デフォルトでは、クラス属性またはイベントハンドラーを含むHTMLコードをコピーしてJSXに貼り付けると、CLionはこれらの属性を自動的にReact 固有に置き換えます ( className , onClick , onChangeなど)

HTMLコードを「そのまま」JSXにコピーするには、チェックボックスをオフにするか、そのまま貼り付け Ctrl+Shift+Alt+Vを使用します。

SQL

このページを使用して、SQLのEiditor動作を構成します。

項目

説明

Enter で文字列連結を挿入する

使用しているDBMSが複数行の文字列リテラルをサポートしている場合は、このオプションをオフにすることができます。

PostgreSQL text の値 notesには、次のような断片があります。

SET notes = 'Lightest element'

カーソルが単語 elementの前にあります。

オプションがオンで、Enterを押すと、フラグメントは次のように変わります:

SET notes = 'Lightest ' || 'element'

それ以外の場合、フラグメントは次のように変更されます。

SET notes = 'Lightest element'

Enterでコードブロックを閉じる

コード補完時にオブジェクトを修飾

選択されたオプションは、コード補完提案ボックスを使用するときにオブジェクトの名前がエディターにどのように挿入されるかを定義します。
  • 常時修飾オブジェクト名は常に使用されます(例: <schema_name>.<object_name>)。

  • 衝突時修飾オブジェクト名は、短い名前があいまいな場合にのみ使用されます。たとえば、複数のスキーマに同じ名前のオブジェクトがある場合などです。

  • なし非修飾オブジェクト名は常に使用されます。

Yaml

このページを使用して、Yamlのエディターの動作を設定します。

項目

説明

貼り付け時にキーシーケンスを自動展開する

このオプションを選択すると、CLionは、クリップボードからキーシーケンスを貼り付けるときにキーシーケンスを適切にフォーマットします。例:クリップボードから貼り付けられた key2.anoher_key シーケンスは、正しい階層で表示されます。

Yaml key sequence

Python

このページを使用して、Pythonコンテキストでのエディターの動作を構成します。

項目

説明

貼り付けた行をスマート・インデントする

このオプションを選択すると(デフォルト)、CLionは、コードフラグメントを挿入するときにPEP8インデントを考慮します。

Smart indent pasted lines

ステートメント内でEnterキーを押すとバックスラッシュを挿入する

このオプションを選択すると(デフォルト)、CLionは \ を追加して、Enterキーを押して分割するときにステートメントの整合性を維持します。

Insert backslash when pressing Enter inside the statement

メソッドを定義するときに 'self' を挿入する

このオプションを選択すると(デフォルト)、CLionは self をメソッド宣言に追加します。

Insert 'self' when defining a method

型コメントをスタブに挿入する。

このオプションを選択すると、CLionはドキュメントコメントにタイプを入力するためのプレースホルダーを作成します。標準のテキスト形式を除くすべてのdocstring形式にプレースホルダーが追加されます。

Insert type placeholders in the documentation comment stub

最終更新日: 2020年1月10日