CLion 2020.2ヘルプ

Gitリポジトリをセットアップする

リモートホストからプロジェクトをチェックアウトする (クローン)

CLionを使用すると、既存のリポジトリを(Git用語ではcloneで)チェックアウトし、ダウンロードしたデータに基づいて新しいプロジェクトを作成できます。

  1. メインメニューからVCS | バージョン管理から取得を選択するか、現在プロジェクトが開いていない場合は、ようこそ画面でバージョン管理から取得をクリックします。

  2. バージョン管理から取得ダイアログで、クローンを作成するリモートリポジトリのURLを指定するか、左側のVCSホスティングサービスの1つを選択します。

    選択したホスティングサービスにすでにログインしている場合は、完了すると、複製できる利用可能なリポジトリのリストが表示されます。

  3. クローンをクリックします。クローンしたソースに基づいてプロジェクトを作成する場合は、確認ダイアログで はい をクリックします。Gitルートマッピングは、プロジェクトのルートディレクトリに自動的に設定されます。

    プロジェクトにサブモジュール(英語)が含まれている場合、それらも複製され、プロジェクトルートとして自動的に登録されます。

既存のプロジェクトをGitバージョン管理下に置く

既存のプロジェクトソースに基づいてローカルGitリポジトリを作成できます。

プロジェクト全体を単一のGitリポジトリに関連付けます

  1. Gitの中に入れたいプロジェクトを開きます。

  2. VCS 操作のポップアップ Alt+` またはメインVCSメニューからバージョン管理統合を使用可能にするを選択します。

  3. バージョン管理システムとしてGitを選択し、OKをクリックします。

  4. VCS統合を有効にすると、CLionは、VCSを介してプロジェクト設定ファイルを共有するかどうかを確認します。常に追加を選択して、CLionで作業する他のリポジトリユーザーとプロジェクト設定を同期できます。

    Notification prompting to select how to treat configuration files

プロジェクト内のさまざまなディレクトリをさまざまなGitリポジトリに関連付ける

  1. Gitの中に入れたいプロジェクトを開きます。

  2. メインメニューからVCS | バージョン管理へインポート | Git リポジトリの作成を選択します。

  3. 表示されたダイアログで、新しいGitリポジトリを作成するディレクトリを指定します。

    Gitは外部パスをサポートしていないため、プロジェクトルートの外にあるディレクトリを選択した場合は、リポジトリを作成するフォルダーにもプロジェクトルートが含まれていることを確認してください。

  4. プロジェクト構造内に複数のGitリポジトリを作成している場合は、各ディレクトリに対して前の手順を繰り返します。

プロジェクトのGitリポジトリ初期化した後、プロジェクトファイルをリポジトリに追加する必要があります。

ローカルリポジトリにファイルを追加する

  1. ローカルの変更ビューで、バージョン管理外のファイルノードを展開します。
  2. Gitまたは変更リスト全体に追加するファイルを選択し、Ctrl+Alt+A を押すか、コンテキストメニューからVCS へ追加を選択します。

    プロジェクトツールウィンドウからローカルGitリポジトリにファイルを追加することもできます。追加するファイルを選択し、Ctrl+Alt+A を押すか、コンテキストメニューからGit | 追加を選択します。

プロジェクトでGit統合が有効になっている場合、CLionは、新しく作成された各ファイルをCLionの外部から追加された場合でも、Gitに追加することを提案します。この動作は、バージョン管理 | 確認設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で変更できます。特定のファイルを常にバージョン管理しないままにしたい場合は、それらを無視できます

バージョン管理からファイルを除外する (無視)

場合によっては、特定のファイルをバージョン管理外のままにしておく必要があるかもしれません。これらは、VCS管理ファイル、ユーティリティの成果物、バックアップコピーなどです。CLionを通してファイルを無視することができ、IDEはそれらをGitに追加することを提案せず、無視されたものとして強調表示します。

バージョン管理されていないファイル、つまりバージョン管理外のファイル変更リストに表示されるファイルのみを無視できます。ファイルがGitに追加されたコミット されていない場合は、ローカルの変更ビューでファイルを右クリックし、ロールバックを選択できます。

Gitでは、2種類の構成ファイルで無視されたファイルパターンをリストできます。

  • .git/info/excludeファイル。
    このファイルにリストされているパターンは、リポジトリのローカルコピーにのみ適用されます。

    このファイルは、Gitリポジトリを初期化またはチェックアウトすると自動的に作成されます。

  • VCSルートディレクトリとそのサブディレクトリにある1つ以上の.gitignoreファイル。
    これらのファイルはリポジトリにチェックインされるため、ファイル内の無視パターンはチーム全体で利用できます。そのため、無視されたファイルパターンを保存する最も一般的な場所です。

    VCSルートディレクトリに.gitignoreファイルがない場合は、プロジェクトウィンドウの任意の場所を右クリックし、新規 | ファイルを選択して、新規ファイルダイアログに.gitignoreと入力します。

ファイルを.gitignoreまたは.git / info / excludeに追加する

  1. ファイルを無視するために使用するGit構成ファイルの種類を決定します。疑わしい場合は、.gitignoreを使用してください。

  2. ローカルの変更ビューまたはプロジェクトツールウィンドウで、無視するバージョン管理外のファイルまたはフォルダーを見つけます。これらのビューのファイルの色は、ファイルのステータスを特定できます。

  3. 選択を右クリックし、Git | .gitignoreに追加するまたはGit | .git / info / excludeに追加を選択します。
    これらのビューのファイルの色は、ファイルのステータスを特定できます。

特定のパターンのファイル、または特定のタイプのファイルを除外する必要がある場合は、.gitignore または .git/info/exclude ファイルを直接編集できます。.gitignoreパターンフォーマット(英語)を参照

プロジェクトの確認

CLionを使用すると、プロジェクトのリポジトリバージョンと比較したローカルの作業コピーのステータスを確認できます。特定の色を使用して、変更されたファイル、VCSに追加された新しいファイル、Gitによって追跡されていないファイルを確認できます。

ローカルの変更ビューを開きます。

  • デフォルト変更リストには、リモートリポジトリ(青色で強調表示されている)と最後に同期された後に変更されたすべてのファイルと、VCSに追加されていますがまだコミットされていない(緑色で強調表示されている)

  • バージョン管理外のファイル変更リストには、あなたのプロジェクトに追加されたが、Gitによって追跡されていないすべてのファイルが表示されます。

変更リストの詳細については、変更を異なる変更リストにグループ化するを参照してください。

エディターでファイルへの変更を追跡する

エディターでファイルを変更するときに、ファイルへの変更を追跡することもできます。すべての変更は、変更された行の横のガターに表示される変更マーカーで強調表示され、最後にリポジトリと同期してから導入された変更のタイプを示します。リポジトリへの変更をコミットすると、変更マーカーが消えます。

テキストに加えた変更は色分けされています。

  • marker for a newly added line ラインを追加しました。

  • marker for a modified line ラインが変更されました。

行を削除すると、次のマーカーがガターに表示されます。

the deleted line marker
.

変更マーカー上にマウスカーソルを置いてクリックすると表示されるツールバーを使用して変更を管理できます。ツールバーは、変更された行の前の内容を示すフレームとともに表示されます。

change marker toolbar

the Revert icon をクリックして変更をロールバックし、the Show diff iconをクリックして現在の行の現在のバージョンとリポジトリバージョンの違いを確認できます。

ファイル全体を元に戻す代わりに、このポップアップの内容の一部をコピーしてエディターに貼り付けることができます。

リモートリポジトリを追加する

Gitプロジェクトでコラボレーションできるようにするには、データをフェッチし、作業を共有する必要があるときにプッシュするリモートリポジトリを構成する必要があります。

たとえばGitHub(英語)からリモート Gitリポジトリ複製した場合、リモートは自動的に構成され、同期するときに(つまり、プルまたはプッシュ操作を実行するときに)指定する必要はありません。Gitがクローンの リモートに付けるデフォルトの名前はoriginです。

ただし、ローカルソースに基づいてGitリポジトリ作成した場合は、他のコントリビューターが変更をプッシュできるように、また作業の結果を共有できるように、リモートリポジトリを追加する必要があります。

リモートを定義する

  1. Bitbucket(英語)GitHub(英語)などのGitホスティングに空のリポジトリを作成します。

  2. メインメニューからVCS | Git | プッシュを選択してコミットをプッシュする準備ができたら、プッシュダイアログを起動するか、Ctrl+Shift+Kをプッシュします。

  3. 表示されるダイアログで、リモートの名前とホストするURLを指定し、OKをクリックします。

場合によっては、2番目のリモートリポジトリも追加する必要があります。これは、たとえば、書き込みアクセス権のないリポジトリを複製し、元のプロジェクトの独自のフォークに変更をプッシュする場合に便利です。もう1つの一般的なシナリオは、他の誰かのプロジェクトフォークである独自のリポジトリを複製し、元のプロジェクトと同期して、そこから変更をフェッチする必要がある場合です。

2台目のリモートを追加

  1. メインメニューからVCS | Git | リモートを選択します。Git リモートダイアログが開きます。

  2. ツールバーの追加 add ボタンをクリックするか、Alt+Insertを押してください。

  3. 表示されたダイアログで、リモートの名前とURLを指定し、OKをクリックします。


リモートを編集するには(たとえば、複製した元のプロジェクトの名前を変更する)、Git リモートダイアログでリモートを選択し、ツールバーの編集 edit ボタンをクリックするか、Enterを押します。

無効になったリポジトリを削除するには、Git リモートダイアログでそのリポジトリを選択し、ツールバーの除去 remove ボタンをクリックするか、Alt+Deleteを押します。

このビデオからさらに詳しく学ぶ:

最終更新日: 2020年7月08日

関連ページ:

変更のコミット・ダイアログ

このダイアログを使用して、選択した変更リストからリポジトリへの変更をコミット(チェックイン)し、必要に応じてパッチファイルを作成します。このダイアログで使用できるオプションは、使用しているバージョン管理システムによって異なります。変更されたファイルペイン:このセクションには、最後のコミット以降に変更...

変更をコミットしてGitリポジトリにプッシュする

新しいファイルをGitリポジトリに追加するか、すでにGitバージョン管理下にあるファイルを変更して、現在の状態に満足したら、作業の結果を共有できます。これには、ローカルでコミットしてリポジトリのスナップショットをプロジェクト履歴に記録し、リモートリポジトリにプッシュして他のユーザーが利用できるように...

リモート Gitリポジトリと同期する

変更を上流にプッシュして作業の結果を共有する前に、リモートリポジトリと同期してプロジェクトのローカルコピーが最新であることを確認する必要があります。次のいずれかの方法でこれを行うことができます。変更をフェッチ、変更をプル、またはプロジェクトを更新します。Gitブランチポップアップは、ブランチにまだフ...

GitHub上のプロジェクトに貢献する

GitHubでホストされているプロジェクトに貢献したいと思っていて、直接的にプッシュできない場合は、以下のワークフローを実行してください:貢献したいプロジェクトのフォークを作成します。このフォークをクローンしてローカル・リポジトリを作成します。元のプロジェクトのコピーを変更し、コミットしてプッシュし...