CLion 2024.1 ヘルプ

CLion を初めて実行する

Toolbox アプリを使用して、任意の JetBrains 製品を実行できます。スタンドアロンインストールの場合、CLion の実行はオペレーティングシステムによって異なります。

CLion を実行するには、Windows 開始メニューでそれを見つけるか、デスクトップショートカットを使用します。bin のインストールディレクトリでランチャーバッチスクリプトまたは実行可能ファイルを実行することもできます。

Applications ディレクトリ、Launchpad、Spotlight から CLion アプリを実行します。

bin のインストールディレクトリで clion.sh シェルスクリプトを実行します。インストール中にデスクトップショートカットが作成された場合は、それを使用することもできます。

コマンドラインからの CLion の実行の詳細については、「コマンドラインインターフェース」を参照してください。

IDE の外観をカスタマイズする

カスタマイズをクリックして別のカラーテーマカラースキームを選択するか、OS と同期チェックボックスを選択してシステムのデフォルトテーマを使用します。ここで、アクセシビリティ設定を構成したり、別のキーマップを選択したりすることもできます。

Customize the IDE when running for the first time

デフォルト設定を構成する

適用する必要な設定のコピーがすでにある場合は、カスタマイズをクリックして設定のインポートを選択します。

または、すべての設定をクリックして設定ダイアログを開きます。この時点で変更する設定は、プロジェクトと IDE の新しいデフォルト構成になります。

Configuring new default settings for projects

追加のプラグインをインストールする

左側のペインでプラグインをクリックし、JetBrains マーケットプレイス(英語)から追加のプラグインをダウンロードしてインストールします。

Install additional plugins

CLion を学ぶ

学習をクリックして、IDE が提供するショートカット、機能、ワークフローについて詳しく理解してください。

Learn CLion

アプリケーションをリモートで開発する

リモート開発をクリックして、リモートサーバーに接続し、プロジェクトをリモートでコーディング、実行、デバッグ、デプロイするためのエントリポイントを構成します。詳細については、シンクライアントでリモートを参照してください。

Configuring remote development settings on Welcome screen

CLion でプロジェクトを開始する

CLion へようこそダイアログから、次の操作を実行できます。

Welcome screen

関連ページ:

CLion をインストールする

CLion は、Windows、macOS、Linux で一貫したエクスペリエンスを提供するクロスプラットフォーム IDE です(FreeBSD でのセットアップについては、この手順を参照してください)。システム要件:RAM2 GB の空き RAM8 GB の総システム RAMCPU 最新の CPU マルチコア CPU。CLion は、さまざまな操作やプロセスのマルチスレッドをサポートしているため、使用できる CPU コアが多くなります。ディスク容量 3.5 GB5 GB 以上の空き容量がある SS...

コマンドラインインターフェース

コマンドラインから CLion 機能を使用します: ファイルとプロジェクトを開き、差分を表示し、ファイルをマージし、コードスタイルを適用し、フォーマットし、ソースコードをインスペクションします。スタンドアロンインスタンスのランチャー:インストールディレクトリには、CLion を起動し、ソースコードをフォーマットし、インスペクションを実行するためのバッチスクリプトと実行可能ファイルが含まれています。コマンドプロンプト cmd.exe から使用するには、CLionbin フォルダーの場所を環境変数に追加...

ユーザーインターフェースのテーマ

インターフェーステーマは、ウィンドウ、ダイアログ、ボタン、ユーザーインターフェースのすべての視覚要素の外観を定義します。デフォルトでは、最初の実行時に変更しない限り、CLion はクラシック UI では Darcula テーマを使用し、新しい UI ではダークテーマを使用します。UI テーマを変更する設定ダイアログで、外観 & 振る舞い | 外観を選択します。テーマリストから UI テーマを選択します。IntelliJ Light: クラシック UI の IntelliJ ベースの IDE 用の従...

色とフォント

開発者は、エディターのソースコード、検索結果、デバッガー情報、コンソールの入出力など、多くのテキストリソースを操作します。このテキストのフォーマットには色とフォントスタイルが使用されており、一目で理解できるようになります。CLion では、IDE テキストで使用される色とフォントを定義する構成可能な配色から選択できます。事前定義された配色を使用するか、あなたの好みに合わせてカスタマイズすることができます。スキームを共有することも可能です。配色を選択を押して設定を開き、を選択します。あるいは、ペー...

アクセシビリティ

CLion を使用すると、さまざまなユーザー補助機能を使用してニーズに合わせることができます。スクリーンリーダーを使用したり、フォントサイズ、色、特定の UI 要素の動作を調整して、CLion で作業するプロセスを簡単にすることができます。スクリーンリーダーを設定する:CLion は、Windows と macOS の両方でスクリーンリーダーを完全にサポートしています。スクリーンリーダーを有効にするお好みのスクリーンリーダーをダウンロードして有効にします。NVDA: CLion などの 64...

キーボードショートカット

CLion には定義済みのキーマップがいくつか含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップは、対応するキーボードとマウスのショートカットと略語を含むアクションのリストです。キーマップ構成はにあります。事前定義されたキーマップに変更を保存することはできません。代わりに、事前定義されたキーマップのショートカットを変更すると、CLion はそのキーマップのコピーを作成し、必要に応じて構成できます。をクリックして、選択したキーマップを複製し、名前を変更、削除、デフォルト値...