CLion 2020.2ヘルプ

登録

CLionは最大30日間評価できます。その後、ライセンスを購入して登録する必要があります。

  1. 次のいずれかを実行してライセンスダイアログを開きます。

    • メインメニューからヘルプ | 登録を選択する

    • ようこそ画面で、構成 | ライセンスの管理をクリックします。

    The License Activation dialog
  2. CLionまたはライセンスが必要なプラグインの登録方法を選択します。

    オプション説明
    JB アカウント

    JetBrains アカウント(英語)を使用して登録します。

    JetBrainsアカウントに二要素認証を使用している場合は、メインのJetBrainsアカウントパスワードの代わりに、生成されたアプリパスワードを指定します。

    JetBrains Account with 2-factor authentication

    詳細については、JetBrainsアカウントとは何ですか?(英語)を参照してください。

    アクティベーション・コード

    アクティベーションコードを使用して登録します。

    対応する製品のライセンスを購入すると、アクティベーションコードを取得できます。

    ライセンス・サーバー

    フローティングライセンスサーバーを使用して登録します。

    サイレントインストールを実行する場合、または複数のマシンでCLionインストールを管理する場合は、JETBRAINS_LICENSE_SERVER 環境変数を設定して、インストールがフローティングライセンスサーバーURLを指すようにすることができます。

    CLionは、初期起動時にシステムプロキシURLを検出し、それを使用してJetBrainsアカウントおよびフローティングライセンスサーバーに接続します。システムプロキシのURLをオーバーライドするには、JVMオプションとして追加できる -Djba.http.proxy プロパティを使用します。

    プロキシURLをホストアドレスおよびオプションのポート番号として指定します: proxy-host[:proxy-port]例: -Djba.http.proxy=http://my-proxy.com:4321

    プロキシ検出を完全に無効にし、常に直接接続する場合は、プロパティを -Djba.http.proxy=directに設定します。

最終更新日: 2020年9月14日