CLion 2021.1 ヘルプ

登録

CLion は最大 30 日間評価できます。その後、ライセンスを購入して登録し、引き続き製品を使用してください。

  1. 次のいずれかを実行してライセンスダイアログを開きます。

    • メインメニューからヘルプ | 登録を選択します

    • ウェルカム画面で、ヘルプ | ライセンスの管理をクリックします。

    The License Activation dialog
  2. CLion またはライセンスが必要なプラグインの登録方法を選択します。

    オプション 説明
    JB アカウント

    JetBrains アカウント(英語)を使用して登録します。

    JetBrains アカウントに二要素認証を使用している場合は、メインの JetBrains アカウントパスワードの代わりに、生成されたアプリパスワードを指定します。

    JetBrains Account with 2-factor authentication

    詳細については、JetBrains アカウントとは何ですか? (英語) を参照してください。

    アクティベーションコード

    アクティベーションコードを使用して登録します。

    対応する製品のライセンスを購入すると、アクティベーションコードを取得できます。

    ライセンスサーバー

    フローティングライセンスサーバーを使用して登録します。

    サイレントインストールを実行する場合、または複数のマシンで CLion インストールを管理する場合は、JETBRAINS_LICENSE_SERVER 環境変数を設定して、インストールがフローティングライセンスサーバー URL を指すようにすることができます。

    または、-DJETBRAINS_LICENSE_SERVER JVM オプションを追加して、フローティングライセンスサーバーの URL を設定することもできます。

    CLion は、最初の起動時にシステムプロキシ URL を検出し、それを使用して JetBrains アカウントとフローティングライセンスサーバーに接続します。システムプロキシの URL を上書きするには、-Djba.http.proxy JVM オプションを追加します。プロキシ URL をホストアドレスおよびオプションのポート番号として指定します: proxy-host[:proxy-port] 例: -Djba.http.proxy=http://my-proxy.com:4321

    プロキシ検出を完全に無効にし、常に直接接続する場合は、プロパティを -Djba.http.proxy=direct に設定します。

関連ページ:

高度な構成 | CLion

使用可能な標準オプションに加えて、CLion を使用すると、基盤となるプラットフォームと Java ランタイムの低レベルの構成を実行できます。JVM オプション:CLion は、JVM(Java Virtual Machine)上で動作します。JVM には、パフォーマンスを制御するさまざまなオプションがあります。CLion の実行に使用されるデフォルトのオプションは、次のファイルで指定されています。<IDE_HOME>\bin\clion64.exe.vmoptionsCLion....

CLion を初めて実行する | CLion

Toolbox アプリを使用して、任意の JetBrains 製品を実行できます。スタンドアロンインストールの場合、CLion の実行はオペレーティングシステムによって異なります。CLion を実行するには、Windows 開始メニューでそれを見つけるか、デスクトップショートカットを使用します。bin のインストールディレクトリでランチャーバッチスクリプトまたは実行可能ファイルを実行することもできます。Applications ディレクトリ、Launchpad、または Spotlight から CLi...

更新 | CLion

デフォルトでは、CLion は更新を自動的にチェックし、新しいバージョンが利用可能になったときに通知するように構成されています。更新は通常パッチベースです。既存のインストールに適用され、IDE を再起動するだけで済みます。ただし、パッチの更新が利用できない場合は、CLion の新しいバージョンをインストールする必要があります。CLion があなたのローカルネットワークの外側に HTTP アクセスを持っていないなら、アップデートをチェックしてパッチを適用することができないでしょう。この場合は、スタ...