CLion 2024.1 ヘルプ

チュートリアル: Windows で CLion を設定する

Windows では、CLion ツールチェーンには、ビルドツール、C および C++ コンパイラー、デバッガー実行可能ファイル、環境が含まれます。事前定義されたツールチェーン設定(MinGWCygwinMicrosoft Visual C++WSL)、リモートホストDocker のいずれかを選択するか、カスタムツールチェーン(システム)を構成できます。

Windows toolchain options

Windows ツールチェーンオプションの概要については、次のビデオを参照してください。

リモートホストツールチェーンの詳細については、「ローカルソースを使用したリモート」を参照してください。Docker コンテナーを使用している場合は、Docker ツールチェーンを参照してください。

MinGW

CLion には、迅速なセットアップのために MinGW ツールセットのバージョンがバンドルされています。バンドルされている正確なバージョンは、languages=c,c++posix スレッド、seh 例外を含む MinGW-w64 13.1 です。このバンドルされたツールチェーンを使用することも、カスタム MinGW インストールに切り替えることもできます。

MinGW をインストールする (オプション)

  1. MinGW-w64 インストーラーをダウンロードして実行します。64 ビットと 32 ビットの両方のオプションを提供します。

  2. MinGW-w64 インストールウィザードで、必要なアーキテクチャを選択してください。デフォルトの推奨オプションは 32 ビットであることに注意してください。

    Selecting the 64-bit architecture for MinGW
  3. インストールが完了するのを待ちます。

MinGW-w64 は 64 ビットと 32 ビットの両方のオプションを提供しますが、32 ビットのみのバージョンである MinGW(英語) をインストールすることもできます。

  1. MinGW インストールウィザードで、基本セットアップリストから次のパッケージを選択します: mingw-developer-toolmingw32-basemingw32-gcc-g++mingw32-msys-base

    MinGW installation
  2. インストールが完了するのを待ちます。

MinGW ツールチェーンを構成する

  1. ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動します。

    Add toolchain をクリックし、MinGW を選択して、新しい MinGW ツールチェーンを追加します。

  2. ツールセットフィールドには、デフォルトのオプションであるバンドルされた MinGW が表示されます。必要に応じて、フィールドを開いて、他の利用可能なインストールのリストから選択します。

    List of MinGW installations
  3. ツールの検出が完了するまで待ちます。

    Bundled MinGW toolchain
  4. デバッガーを選択します。バンドルされた GDB、MinGW GDB、またはカスタム GDB バイナリのいずれかを使用できます。

  5. 必要に応じて、環境を初期化するスクリプトを指定します

  6. すべてのツールが正しく設定されたら、適用をクリックします。

Cygwin

  1. Cygwin インストーラ、バージョン 2.8 以降をダウンロードしてください。

  2. インストーラを実行して、以下のパッケージを選択してください。

    • gcc-g++

    • gdb

    パッケージを選択するには、検索フィールドにその名前を入力し、新規列にバージョンを設定します。

    Cygwin installation
  3. インストールが完了したら、CLion を開いてファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動します。

  4. Add toolchain をクリックし、Cygwin を選択して、新しい Cygwin ツールチェーンを追加します。

    CLion は、Cygwin のインストールを自動的に検出しようとします。ツールセットフィールドを確認し、必要に応じてパスを手動で指定します。

  5. ツールの検出が完了するまで待ち、適用をクリックします。

    Cygwin toolchain
  6. 必要に応じて、環境を初期化するスクリプトを指定します

Windows Subsystem for Linux

WSL、Windows Subsystem for Linux を、Windows 10 上の CLion の作業環境として使用できます(Fall Creators Update バージョン 1709 以降、16299.15 をビルドします)。

WSL ツールチェーンを使用すると、Linux の CMake とコンパイラーを使用してプロジェクトを構築し、Windows マシンで leavCLionLion を実行せずに WSL で実行 / デバッグできます。

WSL toolchain

Microsoft Visual C++

  1. システムに Visual Studio 2013, 2015, 2017, 2019,, 2022 をインストールしてください。

  2. CLion で、ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動します。

  3. をクリックし、ツールチェーンテンプレートのリストから Visual Studio を選択します。

  4. ツールセットフィールドを確認してください。CLion は、インストールされている Visual Studio ディストリビューションを自動的に検出しようとします。検出に失敗した場合は、パスを Visual Studio に手動で設定してください。

  5. 必要に応じて、アーキテクチャーx86amd64x86_arm、別のもの)、プラットフォームストアuwponecore、または空白のままにする)、バージョンを指定します。選択したアーキテクチャー用にプロジェクトをビルドするために、CLion はスクリプトを呼び出して、指定されたパラメーターで環境を構成します。

  6. ツールの検出が完了するまで待ちます

    :

    MSVC toolchain
  7. 必要に応じて、環境を初期化するスクリプトを指定します

MSVC コンパイラー

CLion は、Visual Studio 2013, 2015, 2017, 2019,, 2022 に同梱されている MicrosoftVisual C++ コンパイラーをサポートします。

コードに MSVC の拡張(英語)が含まれている場合のために、CLion は以下のサポートを提供します。

  • __uuidof__forceinline__unaligned__alignof キーワード ;

  • ポインタ型の属性: __ptr32__ptr64__uptr__sptr ;

  • MSVC 組み込みデータ型: (unsigned) __int8(unsigned) __int16(unsigned) __int32(unsigned) __int64__wchar_t ;

  • %I32%I64 などの追加のフォーマット指定子。

  • clang(英語)-fms-extensions フラグ。

Clang-cl コンパイラー

代替コンパイラーとして、clang-cl(英語)(Clang 用の MSVC 互換コンパイラードライバ)を使用できます。CLion は、clang-cl バージョン 8.0 以降をサポートしています。

  1. LLVM サイト(英語)から、または Visual Studio ツールとともに clang-cl をインストールします。

    LLVM サイトからインストールした場合、clang-cl バイナリは、64 ビットバージョンの場合は標準の場所 C:\Program Files\LLVM\bin\clang-cl.exe に、32 ビットバージョンの場合は C:\Program Files (x86)\LLVM\bin\clang-cl.exe にあります。

  2. CLion で、ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動し、構成する Visual Studio ツールチェーンを選択するか、新しいツールチェーンを作成します。

  3. C コンパイラーおよび C++ コンパイラーフィールドを clang-cl.exe にポイントします。CLion は自動的に検出されたパスを提案します。

    Clang-cl compiler

バンドルされた CMake が Visual Studio ツールチェーンセットアップ(CPP-18848(英語))と共に使用されている場合、現在 -T clangcl オプションを選択できないことに注意してください。

MSVC デバッガー

MSVC ツールチェーンデバッガーは LLDB の上に実装されており、Visual Studio インストールまたはプロジェクトのネイティブビジュアライザーと連携できます。

ネイティブビジュアライザーのサポートを有効にし、必要な診断レベルを設定するには、設定 | ビルド、実行、デプロイ | デバッガー | データビュー | C/C++LLDB で NatVis レンダラーを有効にするチェックボックスを選択します。

MSVC NatVis

CLion は、Natvis でカバーされていないすべての構造について、1 行の要約を自動的に生成し、読みやすくするためにハイライトします。また、組み込みのフォーマッタは、ワイド / ユニコード文字列(wchar_tchar16_tchar32_t)の視覚化を提供します。

CLion は、ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンで選択された Visual Studio ツールチェーンと、存在する場合はプロジェクトフォルダーから NatVis ファイルを使用します。

MSVC debug with custom NatVis

CLion は、ArrayItemsIndexListItemsLinkedListItemsTreeItems継承可能な属性フォーマット指定子CustomListItems など、ほとんどの Natvis カスタマイズ機能をサポートしています。

MSVC ツールチェーンデバッガーを使用する場合、デバッガーがライブラリシンボルを正しく解決できるようにするシンボルサーバーのサポートを有効にすることができます。詳細については、Windows でデバッグするときにシンボルサーバーを使用するを参照してください。

システムツールチェーン

Windows のシステムツールチェーンを使用すると、Linux や macOS と同様に、事前定義されたツールセットや環境を選択せずに、ビルドツール、コンパイラー、デバッガーを構成できます。このツールチェーンオプションは、ARM の使用やその他のカスタムセットアップなどの組み込み開発の場合に使用します。

  1. メインメニューで、ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動します。

  2. Add toolchain をクリックし、システムを選択して、新しいシステムツールチェーンを追加します。

  3. ツールを構成し、必要に応じて環境スクリプトを提供します。

    System toolchain configuration example

スクリプトを介したツールチェーン環境の初期化

環境を手動で設定する代わりに、CLion に環境ファイル (プロジェクトの環境を初期化するシェルスクリプト) を指すようにすることができます。これは、たとえば、コンパイラー変数の初期化、カスタム変数の追加、PATH の変更が必要な場合に役立ちます。

次の環境ファイルがサポートされています。

  • Windows MinGW および MSVC ツールチェーン - bat ファイル。

  • Windows Cygwin、ローカル Linux/macOS、WSL、Docker、リモートツールチェーン — shell ファイル。

ほとんどのフレームワークには、すぐに使用できる環境スクリプトが含まれています。macOS の ESP-IDF の例を参照してください。たとえば、複数の環境ファイルをソースする必要がある場合は、独自のスクリプトを作成することもできます。Windows 上の ESP-IDF の例を参照してください。

  1. ツールチェーンの設定で、環境を追加するをクリックしてから、次のファイルからをクリックします。

    Setting a script to initialize the environment
  2. 環境ファイルフィールドで、スクリプトへのパスを指定します。

    Environment initialization via a script
  3. スクリプトの読み込みに問題が発生した場合に通知が届きます。CLion は、スクリプトのロード時間もチェックし、時間がかかりすぎる場合は実行を終了します。

    Environment script loading report

フォールバックシェルを設定する

  • Linux (ローカルまたはリモート)、WSLDocker 上の環境ファイルを取得するには、CLion は、$SHELL 変数に設定されているデフォルトのログインシェルで source または . を呼び出します。

    $SHELL が空の場合、CLion は拡張設定環境を取得するためのフォールバックシェルフィールドで指定されたシェルを使用します。

Windows 上の Clang コンパイラー

CMake 3.15(英語) を使用すると、Windows で MinGW-w64 /MinGW ツールチェーンを使用して Clang コンパイラーを使用できるようになりました。

ただし、LLVM Clang for Windows は Microsoft Visual Studio を使用して構築されており、すべての組み込みマクロとインクルード検索パスは Visual Studio で使用するように設定されています。LLVM リポジトリ(英語)から Clang を取得した場合、MinGW ツールチェーンで構成すると正しく機能しません。考えられる回避策の 1 つを以下に説明します。

MinGW 用に Clang コンパイラーをセットアップする

  1. MSYS2(英語) をインストールします。

  2. MSYS ターミナルで次の pacman(英語) コマンドを実行して、clang でビルドされたパッケージの完全なセット(英語)をダウンロードします。

    pacman -S mingw-w64-clang-x86_64-toolchain

    もう 1 つのコマンドを実行して、MinGW-w64 GDB デバッガーを取得します。

    pacman -S mingw-w64-clang-x86_64-gdb
  3. 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ツールチェーンに移動し、MinGW ツールチェーンを作成します。

    ツールセットC:\msys64\clang64 に設定します。他のパスが自動的に検出されない場合は、手動で設定してください。

    MSYS MinGW toolchain

Windows 上の GDB

MinGW の場合、CLion にはバンドルされた GDB(バージョン 14.1)が含まれています。Cygwin の場合、このガイドの Cygwin セクションに従って、Cygwin パッケージマネージャーに GDB パッケージをインストールする必要があります。

カスタム GDB バイナリに切り替えることもできます。この場合、サポートされている GDB のバージョンは 7.8.x-14.1 です。

GDB 8.0 以降では、デバッガーの出力はデフォルトで CLion コンソールにリダイレクトされます。アプリケーションの入出力用に外部コンソールウィンドウを開くことを有効にするには、ヘルプ | アクションの検索に移動するか Ctrl+Shift+A を押し、レジストリを検索して、cidr.debugger.gdb.workaround.windows.forceExternalConsole キーを設定します。

関連ページ:

ローカルソースを使用したリモート

このリモートモードを使用すると、SSH 経由で接続されたリモート Linux マシンを対象とする macOS、Linux、Windows デスクトップ上の CLion で作業できます。Raspberry Pi のようなシングルボードコンピューター上の組み込みシステムを含め、Linux ベースのターゲットを選択できます。また、プログラムはクラウドプラットフォーム上で起動することも、Docker コンテナー内などで起動することもできます。このモードでは、IDE インスタンスがローカルで実行され、ソースファ...

Docker ツールチェーン

Docker コンテナーでの開発を目的として、CLion は、専用の Docker ツールチェーンを介して完全な Docker 統合を提供します。詳細については、このビデオを参照してください。サンプル DockerfileCLion で Docker 開発を開始できるように、Ubuntu ベースイメージの場合の Dockerfile の例を作成しました。このファイルをプロジェクトにコピーしてニーズに合わせて調整するか、参照として使用することができます。サンプルファイルには、次の行とセクションが含まれ...

デバッガーオプション

CLion では、macOS/Linux の LLDB および Windows/Linux の GDB を使用して C/C++ 実行可能ファイルをデバッグできます (macOS の GDB を使用したデバッグは、カスタム GDB バイナリでのみ可能です)。また、Windows には MSVC ツールチェーン用の LLDB ベースのデバッガーがあります。バンドルされたデバッガーの現在のバージョン:、macOS および Linux 用 LLDB v 17.0.6、Windows 上の MSVC ツールチェーン...

ツールチェーン

CLion の CMake、Makefile、compilation database プロジェクトの場合、ツールチェーンは、アプリケーションのビルドと実行に必要なすべてのツールのセットです。CMake 実行可能ファイル(CMake プロジェクト)、ビルドツール、C/C++ コンパイラー、デバッガーバイナリ、作業環境。CLion の使用を開始すると、デフォルトのツールチェーンがすでに使用可能になっています。開発で使用することはできますが、プロジェクトのニーズに合わせてツールのセットを調整することもで...

WSL2

WSL(WSL 2) – Windows Subsystem for Linux – は、Windows 10 以降で Linux バイナリ実行可能ファイルをネイティブに実行するための互換性レイヤーです。現在、Ubuntu、OpenSUSE、SLES など、いくつかの Linux ディストリビューションをサポートしています。プロジェクトに WSL ツールチェーンを設定すると、Windows マシンで実行されている CLion を移動せずに、Linux のツールチェーンを使用してビルドし、WSL で...

Windows でデバッグするときにシンボルサーバーを使用する

デバッグ時に、ローカルマシンでライブラリシンボルを使用できないことがあります。この場合、シンボルサーバーを使用できます。シンボルサーバーは、デバッグシンボルを各開発者のコンピューターではなくサーバー上に一元的に格納するファイルサーバーです。次に、デバッガーをシンボルサーバーにポイントして、シンボル名を解決できます。全員が同じサーバーを共有できます。Windows の CLion では、デバッガーをで選択したシンボルサーバーに向けることができます。CLion を使用すると、シンボルサーバー (また...