CLion 2019.3ヘルプ

プロジェクト・フォーマット

CLionには、インクルードファイル、コンパイラフラグ、リンカオプションなど、多くのプロジェクトレベルの情報に依存する一連のスマート機能が組み込まれています。これらの詳細により、CLionは解析/解決を正しく実行し、エラーのない便利な方法でコードのハイライト、自動補完、インスペクション、ナビゲートを行うことができます。

CLionは独自のプロジェクトモデルをコードに提供するのではなく、次の形式をサポートしています。

さらに、外部ツールを呼び出してビルドおよびクリーンを実行し、そのようなターゲット用にカスタム実行/デバッグ設定を作成するカスタムビルドターゲットを設定できます。カスタムターゲットは特定のビルドシステムから独立しているため、たとえばcompilation databaseプロジェクトのビルドおよび実行機能を提供できます。

CLionでMakefile プロジェクトを操作するには、compilation databaseとMakefile内の変更を監視するファイル監視プログラムの組み合わせを使用します。このようなプロジェクトは、カスタムビルドターゲットとカスタム実行/デバッグ構成で拡張できます。

以下の表は、プロジェクトレベル、リモート、および動的解析機能が各プロジェクト形式でどのようにサポートされているかを示しています(簡潔にするためにcompilation databaseをCompDBと呼びます)。この表はリモート GDB / gdbserverを含んでいません。なぜならそれはCLionでの実装がどんなプロジェクトモデルからも完全に独立して働くからです。

Google Sanitizersでは、いくつかのプロジェクトフォーマットは黄色のチェックマークが付いていますvisualized output unavailable。つまり、サニタイザを設定してCLionで結果を取得できても、出力はプレーンテキストでコンソールに記録されます。消毒剤の出力の視覚化はCMakeプロジェクトでのみ利用可能です。また、いくつかの機能はサポートされているとマークされています。feature is supportedそのままではうまくいかないかもしれませんし、使い始める前に追加の設定手順を実行する必要があります。

開いた
プロジェクト

新しいプロジェクト
魔法使い

ビルド

実行する
デバッグ

WSL

フルリモート
モード

Valgrind

Sanitizers

プロファイラー

CMake
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
CompDB
feature is supported
feature is not supported
feature is not supported
feature is not supported
feature is supported
feature is not supported
feature is not supported
feature is not supported
feature is not supported

CompDB
カスタムターゲット
カスタム実行/デバッグ設定

feature is supported
feature is not supported
feature is supported
feature is supported
feature is supported
feature is not supported
feature is supported
visualized output unavailable
feature is supported
Gradle
feature is supported
feature is not supported
feature is supported
feature is supported
feature is not supported
feature is not supported
feature is supported
feature is not supported
feature is supported

Makefile
compDB経由
ファイルウォッチャー

feature is supported
feature is not supported

feature is supported*

feature is supported**

feature is supported
feature is not supported

feature is supported**

visualized output unavailable**

feature is supported**

  • * - カスタムビルドターゲットに利用可能

  • ** - カスタム実行/デバッグ構成に利用可能

最終更新日: 2020年1月10日

関連ページ:

クイックCMakeチュートリアル

このチュートリアルは簡単なCMakeプロジェクトの作成と開発のプロセスを通してあなたを導きます。ステップバイステップで、ビルドシステムとしてのCMakeの基本と、CMakeプロジェクトのためのCLion設定およびアクションを学びます。以下で使用されるサンプルプロジェクトのソースコードは、GitHub...

Gradle

GradleはC/C++ライブラリとアプリケーションを構築するためのプラグインを提供する構築自動化システムです。CLionでは、cpp-applicationおよびcpp-libraryプラグインをベースにしたGradleプロジェクトを操作できます(C/C++ Gradleプラグインの詳細については...

Compilation Database

CMakeやGradle以外のプロジェクトでも、CLionが提供する高度なIDE機能の恩恵を受けることができます。1つの方法は、非CMakeプロジェクトをインポートしてCLionにそれを単純なCMake構造に変換させることです。もう1つの選択肢は、compilation databaseを読み込んで...

カスタムビルドターゲットとアプリケーション

カスタムビルドターゲットは、特定のビルドシステムやプロジェクトモデルから独立しています。CLionは、ソースのビルドとビルドアーティファクトのクリーニングに、選択した外部ツールを使用します。カスタムターゲットはcompilation databaseプロジェクトに特に役立ちます。compile_co...

Makefile プロジェクトの管理

現在のMakefileはCLionのプロジェクトフォーマットとしてはサポートされていませんが、ファイル監視とcompilation databaseの助けを借りてMakefileプロジェクトを管理するために次の回避策を使用することができます。以下の例は、Makefileの変更を監視し、それに応じてc...

リモート開発

CLionのリモート開発にはいくつかのオプションがあり、それぞれが特定のセットアップのサブセットを対象としています:フルリモートモード、WSL、およびGDB / gdbserverを使用する2つのバリアント、GDB リモートデバッグおよびリモート GDBサーバー。これらのオプションを比較し、最適なオ...