CLion 2020.1ヘルプ

プロジェクトを開いて再度開く

CLionでは、異なるウィンドウで同時に複数のプロジェクトを開くことができます。デフォルトでは、別のプロジェクトが開かれている間にプロジェクトを開くたびに、CLionは同じウィンドウで開くか新しいウィンドウで開くかを選択するように求めます。必要に応じて、システム設定ページのコントロールを使ってこの動作を変更できます。

設定/環境設定 | 外観 & 振る舞い | システム設定に移動し、プロジェクトのオープン時セクションで次のオプションのいずれかを選択します。

  • 新しいプロジェクトが開かれるたびに新しいCLionウィンドウを開きます。

  • 同じウィンドウでプロジェクトで開くは同じCLionウィンドウにとどまります。

  • プロジェクトを開くウィンドウを確認するを押すと、デフォルトの動作が維持され、新しいプロジェクトを開く方法を選択するためのダイアログが表示されます。

プロジェクトのオープン

プロジェクトを開きます

  1. ようこそ画面開くをクリックするか、メインメニューからファイル | 開くを選択します。

  2. パスの選択ダイアログで、開くプロジェクトを含むディレクトリを選択します。

    • CMakeプロジェクトの場合、ディレクトリには CMakeLists.txtが含まれている必要があります。

    • compilation databaseプロジェクトの場合、プロジェクトには compile_commands.jsonが含まれている必要があります。

    • gradleプロジェクトの場合は、CLionを build.gradle ファイルにポイントしてから、プロジェクトとして開くを選択する必要があります。

  3. プロジェクトを新しいウィンドウで開くか、現在のプロジェクトを閉じて既存のウィンドウを再利用するかを指定します。

コマンドラインからプロジェクトを開く

最近のプロジェクトの再開

CLionは、最近のプロジェクトの履歴を保持します。CLionが開始すると、最後のプロジェクト(または、前のセッションで一度に開いたプロジェクトが複数ある場合はプロジェクト)がデフォルトで再び開きます。この動作は、設定/環境設定 | 外観 & 振る舞い | システム設定ダイアログの開始/シャットダウンセクションで変更できます。

最近のプロジェクトを再開する

  • メインメニューからファイル | 最近使用したファイルを開くを呼び出し、リストから目的のプロジェクトを選択します。

  • ^ を2回押して(またはヘルプ | アクションの検索 Ctrl+Shift+Aなんでも実行を検索して)なんでも実行ダイアログを呼び出します。なんでも実行ダイアログで「 開く」と入力して、最近のプロジェクトのリストを表示します。

    open recent project from Run Anything
  • ようこそ画面で、最近のプロジェクトのリストが表示されている左側のペインで目的のプロジェクトをクリックします。ようこそ画面で入力を開始して、最近のプロジェクトのリストをフィルタリングします。

最近のプロジェクトのリストからプロジェクトを削除する

  • ファイルメニューの最近使用したファイルを開くをクリックし、最近のプロジェクトリストの一番下にあるプロジェクトの管理をクリックします。

  • 削除するプロジェクトの終了アイコンをクリックします。選択したプロジェクトは、プロジェクトウィンドウとようこそ画面の最近のプロジェクトのリストから削除されます。

ようこそ画面のリストからのみプロジェクトを削除するには、対象プロジェクトを右クリックし、ようこそ画面から選択を除去を選択します。

最終更新日: 2020年6月11日

関連ページ:

システム設定

macOSのこのページを使用して、CLionの一般的な動作を設定します。開始/シャットダウン:スタートアップ時に最後に使用したプロジェクトを再開するCLionを起動時に最後に開いたプロジェクトを再度開くには、このチェックボックスを選択します。アプリケーション終了時に確認するCLionを閉じるときに警...

ようこそ画面

CLionは、プロジェクトが開かれていない場合にようこそ画面を表示します。例:CLionを初めて実行するとき、またはプロジェクトの唯一の開いているインスタンスを閉じるとき。この画面から、バージョン管理から既存のプロジェクトをインポート、開く、またはチェックアウトできます。下部にある構成メニューを使用...

Compilation Database

CMakeやGradle以外のプロジェクトでも、CLionが提供する高度なIDE機能の恩恵を受けることができます。1つの方法は、非CMakeプロジェクトをインポートしてCLionにそれを単純なCMake構造に変換させることです。もう1つの選択肢は、compilation databaseを読み込んで...

Gradle

GradleはC/C++ライブラリとアプリケーションを構築するためのプラグインを提供する構築自動化システムです。CLionでは、cpp-applicationおよびcpp-libraryプラグインをベースにしたGradleプロジェクトを操作できます(C/C++ Gradleプラグインの詳細については...

Makefile プロジェクトの管理

現在のMakefileはCLionのプロジェクトフォーマットとしてはサポートされていませんが、ファイル監視とcompilation databaseの助けを借りてMakefileプロジェクトを管理するために次の回避策を使用することができます。以下の例は、Makefileの変更を監視し、それに応じてc...

ソース、ライブラリ、および除外ディレクトリの制御

プロジェクトツールウィンドウのコンテキストメニューからプロジェクトのファイルとディレクトリを管理できます。インデックスから除外する:CLionは、プロジェクトファイルにインデックスを付けて、検索、ナビゲーション、コード補完、コード生成、リファクタリングなどの機能を有効にします。ただし、プロジェクトに...