CLion 2020.3 ヘルプ

静的コード分析

CLion には、コンパイル前にプロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDE はさまざまな問題を見つけてハイライトし、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。

インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル内のコード、または特定のスコープ内のみ(たとえば、本番コード内、または変更されたファイル内)のコードをスキャンできます。

すべてのインスペクションには、問題がコードに影響を与える可能性がある程度の重大度レベルがあります。重大度はエディター内で異なる方法でハイライトされるため、重大な問題と重要性の低いものとをすばやく区別できます。CLion には事前定義された重大度のセットが付属しており、独自のものを作成できます。

インスペクションとその設定は、プロファイルにグループ化されています。各プロファイルには、有効にされたインスペクション、それらが分析するファイルのスコープ、およびそれらの重大度レベルに関する情報が含まれています。

インスペクション設定にアクセスする

インスペクションおよびインスペクションプロファイルを編集するには、次のいずれかを実行します。

  • 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | インスペクションに移動します。

    Inspections settings
  • エディターの右上隅にあるインスペクションウィジェットの上にマウスを置いて、the More buttonをクリックし、インスペクションの構成を選択します。

    Accessing inspections setting from the editor widget

  • エディターで、候補リストを開き、右矢印をクリックし、サブメニューでインスペクションプロファイル設定の編集を選択します。

  • インスペクション結果ツールウィンドウでは、ツールバーの設定の編集 Icons general settings をクリックするか、対応するコンテキストメニューコマンドを使用します。

the Filter icon を使用してインスペクションリストをフィルタリングします。例:重大度または言語によってインスペクションをフィルタリングできます。

関連ページ:

スコープとファイルの色

スコープは、プロジェクト内のファイルとフォルダーのグループです。スコープを使用して、さまざまな IDE ビューでプロジェクト項目を視覚的に区別し、特定の操作の範囲を制限できます。スコープは、プロジェクト内のファイルを論理的に整理するように設計されています。テストソースはテスト関連のスコープに移動でき...

インスペクションの重大度

インスペクションの重大度は、検出されたコードの問題がプロジェクトにどれほど深刻な影響を及ぼすかを示します。すべての重要度レベルには、独自のハイライトスタイルがあります。CLion には、事前定義された重大度レベルのセットがあります。エラー:構文エラーをマークします。警告:バグを生成したり、機能拡張を...

インスペクションプロファイル

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、それらが分析するファイルの範囲、およびそれらの重大度設定に関する情報を保持します。CLion には、2 種類のプロファイルがあります。プロファイルIDE に保管は、CLion構成ディレクトリのinspectionフォルダーに保存され、すべてのプ...

ローカルヒストリー

ローカルヒストリーは、バージョン管理とは関係なく、プロジェクトに加えられたすべての変更を常に追跡できます。コミット間で行われた違いのみを追跡するバージョン管理システムとは異なり、ローカルヒストリーにはさらに多くの機能があります。コードの編集、テストの実行、アプリケーションのデプロイなどを行うと、プロ...