dotMemory の新機能

dotMemory の新機能

このページでは、最近の dotMemory および dotMemory ユニットリリースの更新について説明します。ハイライトには、コマンドラインプロファイリングツール、.NET Core アプリケーションのサポート、およびメモリダンプの分析が含まれます。

dotMemory をダウンロード

5 日間の実用無料トライアル

Command-line profiler on macOS and Linux

macOS および Linux のコマンドラインプロファイラー 2020.2

コマンドラインプロファイラーがついに macOS と Linux に登場しました。 dotMemory.sh は、対応する Windows とほぼ同じ機能を提供し、.tar.gz アーカイブおよび NuGet パッケージとして配布されます。

Support for ARM64 architecture

ARM64 アーキテクチャのサポート 2020.2

Linux 用の dotMemory コマンドラインプロファイラー(GLIBC_2.23 以降のディストリビューション)を使用すると、ARM64 システムでアプリケーションをプロファイリングできます。

View pinned objects

ピン留めされたオブジェクトを表示する 2020.2

これで、固定されたオブジェクトを別のオブジェクトセットとして開くことができます。

View unreachable objects

到達できないオブジェクトを表示する 2020.2

これで、GC ルートから到達できないオブジェクトを別のオブジェクトセットとして開くことができます。

Various improvements

さまざまな改善 2020.1

このリリースでは、バグ修正と安定性の改善に重点が置かれました。

Various improvements in dotMemory 2019.3

さまざまな改善 2019.3

dotMemory 2019.3 は多くの更新を取得します。

  • 新しいセルフプロファイリング API (アプリケーションが自分でプロファイリングセッションを初期化および開始できるようにする API)は、はるかに使いやすくなっています。セルフプロファイリング API は、NuGet パッケージ(英語)として配布されます。
  • 特定のオブジェクトインスタンスに関する詳細をファイル(.json、.bson、.txt、.hex)にエクスポートできます。
  • オブジェクトインスタンスの仮想メモリアドレスを表示できます。

コンソールプロファイラーの改善 2019.2

dotMemory 2019.2 は、リモートプロファイリングのサポートを停止します。適切な代替品を提供するために、dotMemory コンソールプロファイラーを大幅に改善しました。

  • コンソールプロファイラーは、.NET Core アプリケーション、IIS Express ホストアプリケーション、Windows サービスなどを含むすべてのタイプのアプリケーションをプロファイルするコマンドを取得します。
  • --trigger-on-activation 引数により、これが可能になった直後にメモリスナップショットを取得できます。この機能は、ベースラインスナップショットを取得して比較に使用する場合に役立ちます。
dotMemory をダウンロード

5 日間の実用無料トライアル