dotCover の新機能

dotCoverの新機能

このページでは、最新のdotCoverバージョンの更新について説明します。ハイライトには、コードカバレッジの強調表示、より高速な単体テストフィードバックのための継続的なテスト、Visual Studio / JetBrains Riderおよび.NETコアのサポートのオプションが含まれます。

ダウンロード

30日間の無料トライアル

JetBrains Riderのカバレッジフィルター2020.1

これで、JetBrains Riderでランタイムフィルターとカバレッジ結果フィルターの両方を適用できます。

Support for Unity

Windows、macOS、およびLinuxでのUnityのサポート2019.3

dotCover 2019.3は、すべてのオペレーティングシステムでUnity 2018.3以降をサポートします。Unityテストのカバレッジ解析を実行するには、使用する必要がありJetBrains Riderを。

さまざまな改善2019.3

dotCover 2019.3には、さらにいくつかの改善があります。

  • Microsoft Fakesのサポート。
  • Rider、Visual Studio、およびdotCoverコンソールツールによって生成されたレポートのネストされた名前空間によってカバレッジ結果をグループ化する機能。
Support for Mono on Windows, macOS, and Linux

Windows、macOS、およびLinuxでのMonoのサポート2019.2

dotCover 2019.2は、Windows、macOS、LinuxでMono 5.10以降をサポートします。これらのオペレーティングシステムでカバレッジ分析を実行するには、JetBrains RiderまたはdotCoverコンソールランナーを使用する必要があります。

LinuxおよびmacOSのコンソールランナー2019.2

これで、dotCoverコンソールランナーをWindowsだけでなくmacOSおよびLinuxでも使用できるようになりました。新しいプラットフォームでより便利にするために、ツールはUnixスタイルの構文のコマンド引数を受け入れます。例:現在、/TargetExecutable=MyApp.exe-⁠-⁠targetexecutable:MyApp.exe の両方が有効です。

さらに、コンソールランナーには、.NET CoreおよびMonoアプリケーションとユニットテストのカバレッジ分析を簡素化する2つの新しいコマンド cover-dotnet および cover-monoが追加されました。

Support for .NET Core on macOS and Linux

macOSおよびLinuxでの.NET Coreのサポート2019.1

dotCover 2019.1は、.NET Core 2.0 – 3.0プロジェクトをWindowsだけでなく、macOSおよびLinuxでも完全にサポートします。これらのオペレーティングシステムでカバレッジ分析を実行するには、JetBrains RiderまたはdotCoverコンソールランナーを使用する必要があります。

改善されたカバレッジフィルタ2018.3

dotCoverオプションには、カバレッジセッション中に適用されるランタイムフィルタと、セッションが終了した後のカバレッジ結果に適用される結果フィルタの2つのグループがあります。

カバレッジ結果フィルタは、ファイル名によって追加のフィルタを取得します。

Multiple target frameworks

複数のターゲットフレームワークのサポート2018.3

プロジェクトが複数のフレームワークをターゲットにしている場合、カバレッジツリーは各フレームワークに対して別々に結果を表示します(各フレームワークはツリー内の別々のノードとして表示されます)。コードの強調表示は、エディターで選択されているコンテキストによっても異なります。

Support for Visual Studio 2019 Preview 1

Visual Studio 2019プレビュー1のサポート2018.3

dotCover 2018.3は、ReSharper Ultimateファミリーの他の製品とともに、Visual Studio2019Preview 1にインストールできるようになりました。

dotCover integrated into Rider

JetBrains Rider統合2018.2

Visual Studioに加えて、dotCoverはWindows上のJetBrains Rider IDEの一部です。今回のリリースでは、単体テストのコードカバレッジ分析と連続テストという2つの主な機能がサポートされています。

詳細については、ユニットテストの適用範囲と継続的なテスト(英語)を参照してください。今Riderで! (英語)

Support for dotnet

dotnetコンソールツールのサポート2018.2

現在、dotCoverコマンドラインランナーは、.NETコマンドラインツール(dotnet.exe)の拡張機能として使用できます。例:次のコマンドを実行してユニットテストのカバレッジ分析を実行できます。
dotnet dotcover test

さらに、「古典的な」dotCover.exeコンソールランナーも改善されています。 analyze コマンドと cover コマンドのどちらかを選択しないでください。常に coverを使用してください。カバレッジ結果は、--ReportType 引数にのみ依存します。指定されている場合は、特定のタイプのレポートを取得します。そうでない場合は、通常のカバレッジスナップショットが保存されます。

詳細については、次を参照してください> dotnetdotсovertest(英語)

Continuous testing in any session

どのセッションでも継続的なテスト2018.1

もはや別々の連続テストセッションはありません! 連続テストモードは、任意のユニットテストセッションでオンにすることができます。dotCover 2017.3以前では、継続的なテストの範囲は、単一の連続したテストセッションによって制限されていました。これで、必要なだけ連続したテストを行うことができます。

さらに、dotCover 2017.3では、連続テスト中にテストが自動開始された方法に関する選択肢がありませんでした。ソリューションを構築または保存した後、dotCoverはカバレッジでテストを開始しました。2018.1では、カバレッジはもはや必要ではありません。新しいテストと古いテストを(カバーすることなく)実行するようにdotCoverに指示することができます。これは、最新のカバレッジスナップショットをすでにお持ちの場合は、時間を節約することができます。

詳細については、継続的テストの改善(英語)などを参照してください。

Unit Test Coverage window

単位テストカバレッジウィンドウ2018.1

カバレッジ情報は、セッションごとのカバレッジタブではなく、別のユニットテストカバレッジウィンドウに表示されるようになりました。この決定によるプラスの効果は、すべての単体テストセッションの集計カバレッジデータを1か所で確認できることです。

詳細については、継続的テストの改善(英語)などを参照してください。

Improved console runner tool

改善されたコンソールランナーツール2018.1

dotCoverコンソールランナーは、任意の管理対象プロセスおよびサービス(analyze-everything , analyze-service)を対象とし、コンソールツールの実行中のインスタンスにget coverage snapshotコマンドを送信する機能を取得します。これにより、IIS / IIS Express上で実行されているWebアプリケーションの対象範囲が大幅に広がります。

詳細については、Webアプリのコードカバレッジの分析(英語)を参照してください。

ダウンロード

30日間の無料トライアル