dotCover の新機能

dotCover の新機能

このページでは、最近の dotCover バージョンの更新について説明します。ハイライトには、コードカバレッジのハイライトのオプションが増え、ユニットテストのフィードバックを大幅に高速化するための継続的テスト、Visual Studio/ JetBrains Rider および .NET コアのサポートが含まれます。

ダウンロード

30 日間の無料トライアル

.NET5 のサポート 2020.3

dotCover を使用すると、.NET5 を対象とするアプリケーションのカバレッジ分析を実行できます。

Improved Continuous Testing

改善された継続的テスト 2020.3

これで、継続的テストセッションがトリガーされたときに、どのプロジェクトを構築する必要があるかを調整できます。これにより、継続的なテストセッションをスピードアップできます。この機能は、Visual Studio と Rider の両方で機能します。

Improved support for projects targeting multiple frameworks

複数のフレームワークを対象とするプロジェクトのサポートの改善 2020.3

現在、Visual Studio と Rider の両方の 単体テストのカバレッジウィンドウでは、ターゲットフレームワークでカバレッジ結果をフィルタリングできます。

Methods with outdated coverage info are shown in the coverage tree

カバレッジ情報が古いメソッドは、カバレッジツリーに表示されます 2020.3

2020.3 より前は、カバレッジ情報が古くなったメソッドは、ガター内のマーカーでのみハイライトされていました。現在、Visual Studio では、カバレッジ情報が古くなっているメソッドも 単体テストのカバレッジウィンドウでハイライトされます。

Code coverage in solution highlight level options

ソリューションのハイライトレベルオプションのコードカバレッジ 2020.3

これで、Rider のソリューションハイライトレベルオプションを使用して、コードカバレッジハイライトのオンとオフを切り替えることができます。

Support for ARM64 architecture

ARM64 アーキテクチャのサポート 2020.2

Linux(Debian および Ubuntu)用の dotCover コンソールランナーを使用すると、ARM64 システムでカバレッジ分析を実行できます。

Improvements in dotCover for Rider

Rider の dotCover の改善 2020.2

新しいリリースは、Rider の dotCover プラグインにいくつかの便利な新機能をもたらします。

  • 単体テストのカバレッジウィンドウでカバレッジレポートをエクスポートできるようになりました。
  • 単体テストのカバレッジウィンドウにクイック検索機能が追加されました。
  • これで、コード内の文字からカバレッジツリー( 次に移動 | カバレッジツリー)内のその文字に移動できます。
Improvements in the console runner

コンソールランナーの改善 2020.2

  • 概要レポートのタイプ--reportype=SummaryXml パラメーターを使用すると、合計でカバーされるクラス、メソッド、ステートメントの数に関するデータを含む新しいレポート型を作成できます。
  • これで、ランナーは複数のタイプのレポートを一度に生成できます。

JetBrains Rider のカバレッジフィルター 2020.1

これで、JetBrains Rider でランタイムフィルターとカバレッジ結果フィルターの両方を適用できます。

Support for Unity

Windows、macOS、Linux での Unity のサポート 2019.3

dotCover 2019.3 は、すべてのオペレーティングシステムで Unity 2018.3 以降をサポートします。Unity テストのカバレッジ解析を実行するには、使用する必要があり JetBrains Rider を。

さまざまな改善 2019.3

dotCover 2019.3 には、さらにいくつかの改善があります。

  • Microsoft Fakes のサポート。
  • Rider、Visual Studio、および dotCover コンソールツールによって生成されたレポートのネストされた名前空間によってカバレッジ結果をグループ化する機能。
Support for Mono on Windows, macOS, and Linux

Windows、macOS、Linux での Mono のサポート 2019.2

dotCover 2019.2 は、Windows、macOS、Linux で Mono 5.10 以降をサポートします。これらのオペレーティングシステムでカバレッジ分析を実行するには、JetBrains Rider または dotCover コンソールランナーを使用する必要があります。

Linux および macOS のコンソールランナー 2019.2

これで、dotCover コンソールランナーを Windows だけでなく macOS および Linux でも使用できるようになりました。新しいプラットフォームでより便利にするために、ツールは Unix スタイルの構文のコマンド引数を受け入れます。例: 現在、/TargetExecutable=MyApp.exe-⁠-⁠targetexecutable:MyApp.exe の両方が有効です。

さらに、コンソールランナーには、.NET Core および Mono アプリケーションとユニットテストのカバレッジ分析を簡素化する 2 つの新しいコマンド cover-dotnet および cover-mono が追加されました。

Support for .NET Core on macOS and Linux

macOS および Linux での .NET Core のサポート 2019.1

dotCover 2019.1 は、.NET Core 2.0 – 3.0 プロジェクトを Windows だけでなく、macOS および Linux でも完全にサポートします。これらのオペレーティングシステムでカバレッジ分析を実行するには、JetBrains Rider または dotCover コンソールランナーを使用する必要があります。

ダウンロード

30 日間の無料トライアル