dotPeek の新機能

dotPeek の新機能

このページでは、dotPeek の最近のバージョンでの変更点の概要を説明しています。

dotPeek をダウンロード

無料、ライセンスキー不要

C# support

C# サポートの更新 2020.3

  • 静的ローカル関数、ローカル関数の属性、初期化のみの setter など、より多くの C# 機能のサポート。
  • 特にトップレベルのステートメント用に、アセンブリエクスプローラーに <トップレベルのエントリポイント> ノードを追加しました。ノードは合成ですが、そのプロパティを表示したり、ダブルクリックまたはコンテキストメニューナビゲーションを使用して、逆コンパイルされたコードのトップレベルのステートメントにアクセスしたりできます。
Private Source Link

プライベートソースリンク 2020.3

プライベートソースリンクが dotPeek でサポートされるようになりました。プライベートソースサーバーへの接続が必要な外部ソースに移動すると、dotPeek は資格情報を要求します。GitHub、BitBucket、Azure、GitHubEnterprise のサポートを提供しています。ただし、これは完全なリストではありません。サポートメカニズムは非常に一般的です。

IL Viewer

IL Viewer へのアップデート 2020.3

カスタム属性所有者の新しいコンテキストハイライトと関数出口のハイライトの改善。

Navigation

ナビゲーション 2020.3

  • メタデータで検索アクションは、ソースコードまたは IL コードでの宣言と使用箇所、およびアセンブリエクスプローラーでの項目に使用できます。コンテキストメニューまたはメインメニューのナビゲーショングループにあります。
  • ファイルメンバーに移動アクションは、外部ソースのナビゲーションモードを保持するようになりました。
Presentation

プレゼンテーション 2020.3

  • メタデータトークンに移動するアクションの結果に、*Ref トークンの原点のアセンブリが表示されるようになりました。
  • メタデータトークンの包含タイプが明確でない場合は、メタデータツリーのそのトークンのプレゼンテーションに表示されるようになりました。
Improved NuGet support

改善された NuGet サポート 2020.2

このリリースでは、C# 言語機能のサポートが向上しています。

  • NuGet v3 パッケージフィードが NuGet から開くNuGet パッケージキャッシュから開くNuGet packages.config を開きますでサポートされるようになりました。
  • 類似した名前のアイテムは、NuGet から開くおよび NuGet パッケージキャッシュから開くダイアログで折りたたまれます。
  • NuGet パッケージはアルファベット順にソートされます。

C# のサポート 2020.2

dotPeek は、C# の最新バージョンのサポートを改善し続けており、新しいリリースでは次のものが提供されます。

  • 表情豊かなメンバー。
  • Throw 式。
  • デフォルトのパラメーターと名前付き引数。
  • NullablePublicOnly 属性。

PDB を生成する 2020.2

PDB を生成するエンジンは、ローカル変数のタプルコンポーネント名を推測して保存するようになりました。

Nullable Reference Types support

null 可能な参照型のサポート 2020.1

このリリースでは、C# 言語機能のサポートが向上しています。

  • null 可能参照型(NRT)のサポートが逆コンパイラーに加わりました。これは宣言でのみ機能し、メソッドの本体では機能しないことに注意してください。
  • インターフェースデフォルトメンバー自動実装プロパティフィールドターゲット属性の逆コンパイルのサポートを追加しました。
  • タプルコンポーネント名の逆コンパイルのサポートを改善しました。
IL Viewer

IL Viewer2020.1

中級言語(IL)ビューアーは、インターフェース実装および汎用パラメーター制約のカスタム属性をサポートします。例: コンパイラーは、NullableAttribute および TupleElementNamesAttribute をこれらのエンティティに適用できます。

より多くの C# 7 機能のサポート 2019.3

dotPeek 2019.3 は、追加の C# 7 言語機能の逆コンパイルをサポートしています。

  • タプル。
  • 分解宣言。
  • 破棄。

シンボルパッケージのサポート 2019.3

dotPeek は、ソースシンボルパッケージ(.snupkg)を持つ NuGet パッケージの外部ソースにナビゲートできるようになりました。

更新されたアセンブリエクスプローラー 2019.2

以下を追加しました:

  • “ の ‘ 概要 ’ プロパティ Properties” ノードのタブ。これは、対応する XML ドキュメントを持つタイプ、インターフェース、その他のメンバーで使用できます。
  • 管理されていない(win32)リソースサブツリー。

メタデータツリーの更新 2019.2

メタデータツリーの更新:

  • 管理されていないリソースのディレクトリとエントリの説明(タイプ、言語)。
  • セクションのヘッダーの説明。
New tooltip in the IL Viewer

IL Viewer アップデート 2019.2

キーワードの説明を含む新しいツールチップを IL Viewer に追加しました。

dotPeek をダウンロード

無料、ライセンスキー不要