dotPeek の新機能

dotPeekの新機能

このページでは、dotPeekの最近のバージョンでの変更点の概要を説明しています。

dotPeekをダウンロード

無料、ライセンスキー不要

Nullable Reference Types support

null可能な参照型のサポート2020.1

このリリースでは、C#言語機能のサポートが向上しています。

  • null可能参照型 (NRT)のサポートが逆コンパイラに加わりました。これは宣言でのみ機能し、メソッドの本体では機能しないことに注意してください。
  • インターフェースデフォルトメンバー自動実装プロパティフィールドターゲット属性の逆コンパイルのサポートを追加しました。
  • タプルコンポーネント名の逆コンパイルのサポートを改善しました。
IL Viewer

IL Viewer2020.1

中級言語(IL)ビューアーは、インターフェース実装および汎用パラメーター制約のカスタム属性をサポートします。例:コンパイラーは、NullableAttribute および TupleElementNamesAttribute をこれらのエンティティーに適用できます。

より多くのC# 7機能のサポート2019.3

dotPeek 2019.3は、追加のC# 7言語機能の逆コンパイルをサポートしています。

  • タプル。
  • 分解宣言。
  • 破棄。

シンボルパッケージのサポート2019.3

dotPeekは、ソースシンボルパッケージ(.snupkg)を持つNuGetパッケージの外部ソースにナビゲートできるようになりました。

更新されたアセンブリエクスプローラー2019.2

以下を追加しました:

  • ノードの「プロパティ」タブの'概要'プロパティ。型、インターフェース、および対応するXMLドキュメントを持つ他のメンバーで使用できます。
  • 管理されていない(win32)リソースサブツリー。

メタデータツリーの更新2019.2

メタデータツリーの更新:

  • 管理されていないリソースのディレクトリとエントリの説明(タイプ、言語)。
  • セクションのヘッダーの説明。
New tooltip in the IL Viewer

IL Viewerアップデート2019.2

キーワードの説明を含む新しいツールチップをIL Viewerに追加しました。

Dependencies node for NuGet packages

アセンブリー・エクスプローラーの更新2019.1

アセンブリー・エクスプローラーは、NuGetパッケージ用の依存関係ノードを追加し、NuGetノードをダブルクリックしてnuspecファイルにナビゲートすることを可能にします。

その他のC# 7.x機能のサポート2018.3

dotPeek 2018.3は追加のC# 7.x言語機能の逆コンパイルをサポートします。

  • ローカル関数。
  • パターン・マッチング。
  • System.Enum , System.Delegateunmanaged の制約
  • 固定フィールドのインデックスには固定する必要はありません。

メソッドの実装がない型のサポート2018.2

dotPeekはインターフェース、列挙型、メソッド実装を持たないあらゆるタイプへのより良いナビゲーションを得ます。ライブラリ用のPDB ファイルがあっても、PDB ファイルのソースにマッピングされたパスを持つのはメソッド実装を持つ型だけなので、そのような種類の情報はありません。現在、dotPeekはカスタムアルゴリズムを使用してこれらのタイプの可能なソースファイルを予測しようとします。疑わしいファイルがソースで利用可能な場合、このバージョンは逆コンパイルされたファイルではなくエディターに表示されます。

モダンなC#のサポート2018.1

dotPeek 2018.1は、現代のC#機能を逆コンパイルするためのいくつかの改善をもたらします。dotPeekは逆コンパイルが可能です:

  • 辞書初期化子。
  • null条件付き演算子。
  • async Main メソッド。
  • catch/finally ブロック内のawait
  • ref / readonly 戻り値とローカル変数。
  • in パラメータ。
  • ref / readonly 構造体。
dotPeekをダウンロード

無料、ライセンスキー不要