DataGrip の新機能

DataGrip 2018.2の新機能

完全なSQLログ

まず、DataGripがコンソール出力で実行するすべてのクエリが表示されます。それがあなたのSQLかDataGripが内部で実行する必要があるものであれ、出力タブで何が起きているのかを理解してください。

SQLログファイル

次に、文字通りIDEからのすべてのクエリがテキストファイルに記録されるようになりました。

このファイルを開くには、ヘルプ| SQLログを表示します。

新しいSQLフォーマッタ

私たちと一緒にSQLスタイルに関するアイデアを共有する(英語)をありがとう! DataGripがより多くの異なるコードスタイルに対応できるようになりました。

新しいSQLフォーマッタは、フィードバックが必要な機能ですので、試してみてください。特定のケースがカバーされていない場合は、私たちにお知らせください。まだ新しい節を追加しています。

ご存知のように、カスタムコードスタイルスキームを作成することができます。

今では、それらのいずれかを各データソース用に特別に使用することができます。これを行うには、データソースプロパティのオプションタブに移動します。

ストアドプロシージャの実行

このlong-awaited(英語)機能はOraclePostgreSQLに実装されました! SQL サーバープロシージャのサポートは現在DataGripでのみ利用可能ですが、すぐに他のJetBrains IDEの2018.2.1アップデートに現れます。

手順のコンテキストメニューから実行を選択します。

SQLコードが生成されます。必要なパラメータの値を入力し、[OK]をクリックします。ご覧のとおり、JDBCドライバから結果セットを取得するSQLコードがあるので、このOracleプロシージャの出力を取得します。

出力なしで単純なプロシージャを実行する場合、DataGripはこのプロシージャを実行するだけでSQLコードを生成します。ここにPostgreSQLの例があります。

ソースコードを開くときにツールバーの実行ボタンをクリックして、この手順を実行できます。

ソースコードの移行

さて、他のオブジェクトのソースコードを更新するには、オブジェクトをダブルクリックして必要な変更を加えてください。ガター(テキストエディタの左側にある縦線)は、変更内容を強調表示します。ツールバーの新しいサブミットボタンにも注意してください。

サブミットをクリックすると、生成されたSQLコードが移行ダイアログに表示され、ソースコードが更新されます。

クエリプランダイアグラム

ダイアグラムベースのビューをクエリプランで使用できるようになりました。これを表示するには、計画の表示を呼び出した後にツールバーの視覚化を表示するボタンをクリックします。

SQL編集

コンテキスト情報

パッケージ内の巨大なプロシージャを編集するときに、状況に応じてメモリをリフレッシュすること、時には特定のプロシージャまたはパッケージを編集中であることが時々役立ちます。これを行うには、 Alt+Q を押してコンテキスト情報を表示します。

終了角括弧 /クォート外にジャンプ

このバージョンからは、タブを押して、閉じる角括弧の外側または引用符を閉じることができます。これは初めてパラメータや値を入力する場合にのみ有効です。

タブのこの動作をカスタマイズするには、環境設定 | エディター | 一般 | スマート・キーに行き、角括弧を閉じて外に出る/タブで引用を選択します。

ナビゲーション

アクションの検索からショートカットを割り当てる

以前は、デフォルトキーマップを使用している場合、アクションの検索からショートカットを割り当てることは不可能でした。このバグを修正しました。これはどのキーマップやレイアウトでも機能します。それが可能であることをあなたに思い出させるよい理由!

データ・エディター

ツールヒントの列コメント

かなり自明の:)

選択された行数

DataGripは、データエディタで選択された行の数を表示します。ステータスバーでこれを探します。

UIのアップグレード

スキーマでSQLを実行する

以前は、スクリプトを実行する唯一の方法は、対応するSQLファイルのコンテキストメニューから実行することでした。これで、より直観的な方法を使用できます。必要なデータソースまたはデータベースを選択し、コンテキストメニューから[SQLスクリプトを実行]を選択します。

ダーク・ウィンドウ・ヘッダー

これで、Darculaのテーマをさらに暗くすることができます。macOS上にいる場合、タイトルバーを暗くするには、環境設定 | 外観 & 振る舞い | 外観に行き、ダーク・ウィンドウ・ヘッダーを使用するを選択します。

タッチバーのサポート

MacBook Touch Barのサポートが追加されました。デフォルトでは実行ボタンしかありません。アクションを追加するには、環境設定 | 外観と動作 | カスタマイズ | タッチバーを使用します。

重要なバグ修正

  • DBE-6681(英語):MySQLのコメントが正しくフォーマットされています。
  • DBE-5204(英語):テーブルのDDLが適切な場所に開きます。
  • DBE-1858(英語)フィルターフィールドから条件を削除すると、データエディタのすべての行が表示されます。
  • DBE-6436(英語) : Backspaceは構造ビュー。のクイック検索を中断しません
  • DBE-6362(英語):Redshiftでスキーマバインディングのないビューがデータベースツリーに表示されます。
  • DBE-6469(英語):並べ替えが適用されている場合、データエディタのレコード数が機能します。
  • IDEA-189650(英語):IDEは再起動後に空のファイルを開きます。