DataGrip の新機能

DataGrip 2018.1の新機能

データ・エディター

SQL ログ

データの更新中に、DataGripが実行している特定のクエリを確認できます: 私たちは何も隠しません。

一般的な機能拡張

スキーマスイッチモード

これで、DataGripにスキーマの切り替え方法を伝えることができます。次の設定を使用できます。

- 自動 :DataGripは、コンテキストを定義する際に内部操作中にスキーマを切り替えることができます。
- 手動 :DataGripは内部操作中にスキーマを切り替えることができません。ただし、右上のスイッチャーで手動で切り替えることができます。
- 無効pg_bouncerを使用している場合、これ以上のワイルドキャットスイッチはありません!

すべての名前を変更

このバージョンから、サポートしているすべてのオブジェクトの名前を変更できるように挑戦しました。 Oracleのシーケンス、MySQLのイベント、PostgreSQLのトリガーなど、 Shift+F6を押すと他の多くのオブジェクトの名前を変更できるようになりました。これは、データベースツリーとSQLスクリプトの両方で機能します。他のスクリプト内のオブジェクトの使用方法も変更されることに注意してください。

スクリプトの実行

これで、データソースに対してファイルを実行すると、それ以降の実行のための選択肢が記憶されます。

ファイルのクイックドキュメント

ファイルのクイックドキュメントを追加しました. Ctrl+Qを押してください。 ex:ファイルサイズを知ることがずっと簡単になりました。しかし、それだけではありません!

ナビゲーション

DDLエディタより優先データエディタというオプションを追加しました。
このオプションは、
- Ctrl+Nによるテーブル/ビューへのナビゲーション。
- Shift+Ctrl+Alt+Nによる列へのナビゲーション。
- データベースツリービューでテーブル/ビューまたは列をダブルクリックします。
DDL エディターへの参照をナビゲートするは現在DDLエディタの代わりにデータベースビューを使用すると呼ばれています。ご存知のように、SQLから宣言に移動するCtrl+B または Ctrl+Click)をクリックすると、どこに撮影されるかを定義します。

2つのナビゲーションアクション、クラスに移動テーブルに行くをマージしました。ショートカット: Ctrl+N
- DataGripでは、サポートされている他の言語を使用すると、クラスに移動できるようになりました。
- 他のJetBrains IDEでは、テーブル、ストアドプロシージャなどのようなデータベースオブジェクトを最終的に見ることができます。言語ごとにフィルタが存在することを覚えておいてください。

データベース・ビュー

サポートされているデータベースのリストにMariaDBを追加しました。

DataGripは、レッドシフト外部スキーマエグザポル仮想スキーマをサポートするようになりました。

MySQLイベントは、データベースツリーに表示されます。ソースコードの生成も可能です。

データソースの色は、ファイルペインのコンソールファイルに影響します。

DataGripはPostgreSQL 10のパーティションテーブルをサポートするようになりました。

SQL編集

DataGripでは、 Alt + Wheel downAlt + Wheel upの2つのショートカットを使用して、次または以前の識別子の出現箇所に移動できます。または、アクションの検索'強調表示された要素の使用箇所'と入力します。

ファイル参照の補完が Oracleおよびエグザポルで機能するようになりました。

DataGripの別の新しいアクションは、 要素を左右に移動することです。これは、関数内のパラメーター、 INSERT ステートメントのフィールド、および列リストを含むさまざまな種類のリストに対して機能します。 行を移動するがそうしている間、列リストを使って作業している間はコンマを壊すことはないことに注意してください。

Duplicate entire linesアクションは、ファイルの最後でも動作するようになりました。このアクションが何をしているのかわからない場合は、選択したすべての行を複製し、それぞれの行の前に改行を追加します。多くの場合、複製Ctrl+D)を使用するよりもはるかに便利です。

IDEは、エラーまたは警告を含む折り畳まれたコード領域をハイライト表示し、そのブロックの色を検証ステータスに応じて色付けします。折りたたまれたコードは、検索結果に一致するものが含まれている場合にも強調表示されます。

その他の改善点

フィーチャー

  • ハイライトを台無しにするために使用されるSQLiteコマンド。もういや。
  • プロジェクト内の置換 ウィンドウで、IDEで正規表現置換をプレビューできます。
  • RESTクライアントプラグインは今すぐ利用可能(英語)です。
  • コードフォーマッタは、デフォルトではケーシングのキーワードを変更しません。

バグの修正

  • DBE-397(英語):ドライバレベルの読み取り専用モードはもう使用しません。これにより、 "s"で始まらない安全なステートメントを実行できます。
  • DBE-5969(英語):すべてのデフォルト値の行を挿入するときにエラーは発生しません。
  • DBE-5999(英語):構造ペインで項目を並べ替える機能が追加されました。
  • DBE-2102(英語):SQL Serverの既定の制約に関するいくつかの修正が行われています。これで、変更と削除が可能になりました。
  • DBE-5968(英語):Sybaseは、nchar、nvarchar、unichar、およびユニヴァスタールタイプの正しい長さを示します。
  • DBE-4962(英語):SQL Serverの外部キーのカスケード規則が正しく表示されるようになりました。
  • DBE-6028(英語):コードの折り畳みは、CTEで動作します。
  • IDEA-124160(英語):今、どこでも検索ポップアップがフォーカスを受け取ります。